迅速かつ簡単に

アカウント登録
個人情報
確認の電子送信に関する同意事項& A口座明細書

お客様は、そのような情報をメールまたはEメールでお客様に配信する代わりに、お客様のアカウント情報および取引確認書をインターネット上で利用できるようにすることに同意します。クライアントは、アカウントにアクセスするためにクライアントのアカウントログイン情報を使用して、PSS Webサイトを介してアカウント情報にアクセスすることができます。

PSSは、お客様のすべての口座活動を掲載し、お客様は、毎日、毎月、および毎年の口座活動の報告書および各取引の報告書を作成することができます。

更新されたアカウント情報は、お客様のアカウントで何らかの活動が行われてから24時間以内に利用可能になります。お客様のオンラインアカウントにアカウント情報を掲載することは、確認およびアカウント明細書の配信とみなされます。

常に、口座情報には、チケット番号付きの取引確認、売買レート、使用済み証拠金、証拠金取引に利用可能な金額、損益計算書、および現在の未決または未決済のポジションが含まれます。

オプトアウト:クライアントはPSSへの書面による通知をもっていつでもこの同意を取り消すことができます。ただし、そうすることで、PSSがクライアントアカウントを開いたり維持したり、クライアントにサービスを提供できなくなる可能性があります。

本ポリシーに記載されているようにお客様がアカウント情報を電子的に配信することを希望しない場合、お客様は以下のEメールでPSSに連絡する必要があります。helpdesk@esparkasse.com またはにリクエストを送信します。PSS注意:コンプライアンス、Biskop Gunnerus Gate 14、0185、オスロ、ノルウェー。

PSSがそのような指示を受けると、PSSはお客様のアカウントにサービスを提供することができなくなり、お客様が保有しているすべての未払いのアカウントを閉じることができます。

リスク開示

A.発行者のリスク要因

発行者またはカウンターパーティとしての1.PSS

PSSが関連する金融商品の発行者または取引相手である場合、かかる金融商品への投資は、PSSが関連する支払期日に関連する金融商品に基づく債務を履行することができないというリスクを負うものとします。

リスクを評価するために、将来の投資家は、関連する金融商品に関連する提供文書に記載されているすべての情報を検討し、必要であれば自らの専門顧問と相談するべきです。

PSSがそのような金融商品に関してその義務を履行する能力に関連するリスクは、独立した格付機関によって割り当てられた信用格付を参照することによって説明される。

格付けは、金融商品の購入、売却または保有を推奨するものではなく、譲渡格付け機関による一時停止、減額または撤回の対象となる可能性があります。

割り当てられた格付けの一時停止、減額または撤回は、PSSが発行者である一部の金融商品の市場価格に悪影響を及ぼす可能性があります。

劣後債務の格付けPSSの劣後債務である金融商品は、PSSの破産または清算の場合、これらの債務から生じる債権は、PSSの債権者の債権に劣後するため、上記のものよりも低くすることができる。また従属していません。

PSSが発行者または取引相手である金融商品の価値は、PSSの信用力に関する投資家の一般的な評価によって、ある程度影響を受けると予想されます。

PSSの信用力が低下すると、そのような金融商品の価値が低下する可能性があります。

PSSに関して破産手続きが開始された場合、かかる金融商品の保有者または当事者への返還は制限される可能性があり、回収が大幅に遅れる可能性があります。

2.発行者または相手方としての第三者第三者が関連する金融商品の発行者または相手方である場合、かかる金融商品への投資には、関連する第三者が当該金融商品に基づく義務を履行することができないというリスクが伴います。支払期日の金融商品。

リスクを評価するために、将来の投資家は、関連する金融商品に関連する提供文書に記載されているすべての情報を検討し、必要であると考える場合は自らのアドバイザーと相談するべきです。

PSSは、いかなる第三者に関しても一切の義務または責任を負いません。また、PSSは、発行された金融商品に関連して第三者の義務を遂行する能力またはその他の方法についての表明、保証、またはその他の保証を行いません。

第三者の義務が劣後する場合は、「劣後債務の格付け」の項で説明したものと同じ考慮事項が適用されます。

第三者が発行者または取引相手である金融商品の価値は、一部には、第三者の信用力に関する投資家の一般的な評価によって影響を受けると予想されます。

第三者の信用力が低下すると、そのような金融商品の価値が低下する可能性があります。

第三者に関して破産手続きが開始された場合、かかる金融商品の保有者または当事者への返還が制限される可能性があり、回収が大幅に遅れる可能性があります。

金融商品に関する一般的なリスク要因

1.決済までの支払いまたは配達予定投資家は、金融商品の期間中に定期的な利息の支払いまたはその他の分配が行われない場合、そのような金融商品が有価証券の形態であるかその他の取引が可能な場合そのような金融商品の流通市場における実現は、そのような金融商品の決済前に投資家に潜在的に利用可能な唯一のリターンであり得る。

ただし、投資家は、この点に関して下記の「D.市場要因」の見出しの下に記載されている見出し「市場価値」および「金融商品は非流動性である可能性があります」の下に記載されているリスク要因に注意してください。

2.特別な理由、違法性および不可抗力による早期終了PSSまたは関連する第三者が、場合によっては、その管理を超えた理由でその履行が損なわれたと判断した場合関連する金融商品に関連するその義務の一部が何らかの理由で違法または非実用的になった、またはPSSまたは関連する第三者が、場合によっては、その管理を超えた理由で、理由の如何を問わず、PSSまたは関連する第三者に対して、かかる金融商品に関するヘッジの取り決めを維持するために、より長い法的または実際的な措置をとることがあります。

購入予定者は、関連する金融商品の契約条件を検討して、そのような引当金がそのような金融商品に適用されるかどうか、またその適用方法、およびその結果として支払われるものを含む。

3.市場の混乱事象、金融商品の調整および早期終了いずれかの金融商品の契約条件にその旨が示されている場合、関連する計算エージェントは市場の混乱事象が関連する時点で発生した、または存在すると判断する場合があります。

かかる決定は、関連する金融商品の価値に影響を与える可能性がある、および/またはかかる金融商品に関する決済を遅らせる可能性がある、関連する原資産に関する評価を遅らせる可能性がある。

さらに、金融商品の契約条件にそのように示されている場合、計算エージェントは、これらの契約条件の調整を行って、原資産に関する関連調整または出来事を説明することができます。場合によっては、関連する原資産、その発行者またはそのスポンサー。

さらに、状況によっては、PSSまたは関連する第三者が、場合によっては、かかる事象の発生後に関連する金融商品を早期に終了させることがあります。

購入予定者は、関連する金融商品の契約条件を検討して、そのような規定がそのような金融商品に適用されるかどうか、またその適用方法、および関連する調整またはイベントを構成するものを確認する必要があります。

4.課税金融商品の潜在的な購入者および販売者は、関連する金融商品が譲渡される国の法律および実務に従って印紙税またはその他のドキュメンタリー費用を支払う必要がある可能性があることに注意する必要があります。

金融商品に関して支払うべき金額の支払いおよび/または引き渡しは、関連する金融商品の契約条件に規定されているように、一定の税金、関税および/または費用の支払いを条件とすることができる。

PSSまたは関連する第三者は、場合によっては、そのような金融商品に基づく未払金または納入可能物を保留または控除する権利を有するが、その義務を負うものではない。税金、関税、請求、源泉徴収、その他の支払いを行うこと。

投資家は、関連する金融商品の契約条件を検討して、そのような引当金がそのような金融商品に適用されるかどうか、またその適用方法を確認する必要があります。

税務上の地位について疑いを抱いている可能性のある購入者は、彼ら自身の独立した税務顧問に相談するべきです。

さらに、潜在的な購入者は、税法および関連する税務当局によるその適用が時々変わることを知っておくべきです。

したがって、常に適用される正確な税務上の取扱いを予測することは不可能です。

5.行使通知および認証金融商品が行使通知の送付に関する規定の対象となっており、当該通知が関連する金融商品の契約条件に明記された最新の時間以降に特定された当事者によって受領される場合後日までは正式に配達されたと見なされる。

そのようなみなし遅延は、現金で決済された金融商品の場合、決済時に支払われるべき現金金額を、そうでないと思われるものから増加または減少させる可能性がありますが、そのような遅延と見なします。

1日のみまたは行使期間中のみ行使可能であり、自動的に行使されることが表明されていない金融商品の場合、関連する金融商品の契約条件で指定された最新の時間までに配達されない場合、無効になります。

金融商品の発行の契約条件によって要求されるいかなる証明書の提出にも失敗すると、そうした金融商品の下で別の方法で支払われる金額または納品を受け取ることができなくなるか、または受領できなくなる可能性があります。

購入予定者は、関連する金融商品の契約条件を検討して、そのような規定がそのような金融商品に適用されるかどうか、またその適用方法を確認する必要があります。

契約条件に従って行使されていない金融商品は、価値がなくなります。

購入予定者は、関連する金融商品の契約条件を検討して、そのような金融商品が自動行使の対象であるかどうか、また行使通知がいつどのように有効に配信されるのかを確認する必要があります。

行使後のタイムラグ金融商品が行使され現金支払いによって決済される場合、行使時には、行使が行われてから当該行使に関連する該当する現金金額が決定されるまでに時間差が生じる可能性がある。 。

行使時から現金金額の決定までのそのような遅延は、関連する金融商品の契約条件に明記されます。

しかしながら、特に日々の最大行使限度額から、または関連する時点で市場の混乱が生じたと計算機関が判断したことから生じる、現金で決済される金融商品の行使の遅延の場合、かかる遅延はかなり長くなり得る。

適用可能な現金金額は、そのような遅延があった場合に比べて減少または増加する可能性があります。

購入予定者は、関連する金融商品の契約条件を検討して、そのような規定がそのような金融商品に適用されるかどうか、またその適用方法を確認する必要があります。

7.高揮発性市場金融商品は、高揮発性の先物およびオプションを含む商品契約およびデリバティブ商品の価格にリンクしている可能性があります。

先物契約、先物契約、および金融商品が関連する可能性があるその他のデリバティブ契約の価格変動は、とりわけ、金利、需給関係の変化、貿易、財政、通貨および為替の管理プログラムならびに方針に影響されます。政府、国内外の政治的、経済的な出来事や政策。

さらに、特定の市場、特に通貨や金利関連の先物やオプションには、政府が直接または間接的に規制によって介入することがあります。

そのような介入はしばしば直接価格に影響を与えることを意図しており、そして他の要因と共に、とりわけ金利変動のためにそのような市場の全てを同じ方向に急速に動かすことがある。

そのような介入は、特定の金融商品の価値に悪影響を及ぼす可能性があります。

8.手数料投資家が金融商品を購入する前に、それはあなたが責任を負うであろうすべての手数料およびその他の料金の詳細を得るべきです。

料金が金額で表現されていない場合(たとえば、契約価値の割合として)、具体的な金額でその料金が何を意味するのかを明確にするために、適切な例を含めて明確かつ書面による説明を得てください。

先物の場合、手数料がパーセントで請求されると、通常は契約金額の合計に対する割合となり、単なる初期支払いに対する割合としてではなくなります。

C.商品特有のリスク要因商品特有のリスク要因金融商品が異なればリスクへのエクスポージャーのレベルも異なり、金融商品を取引するか購入するかを決定する際には、潜在的な投資家は以下の点に注意する必要があります。

あらゆる金融商品への投資にはリスクが伴います。

これらのリスクには、とりわけ、株式市場、債券市場、外国為替、金利、市場のボラティリティおよび経済的、政治的および規制上のリスク、ならびにこれらおよびその他のリスクのあらゆる組み合わせが含まれます。

これらのリスクのいくつかを以下に簡単に説明します。

購入予定者は、関連する金融商品などの商品およびそのような金融商品に関連する原資産での取引に関して経験豊富であるべきです。

購入予定者は、関連する金融商品への投資に関連するリスクを理解し、法律、税務、会計およびその他のアドバイザーと共に慎重に検討した後にのみ投資決定に達するべきです。自身の特定の財務、税およびその他の状況を踏まえた商品、(b)関連する金融商品に関連する募集文書に記載されている情報、および(c)関連する基礎となる情報。

金融商品の価値は下落する可能性があり、金融​​商品が資本保護されている場合、投資家は、そのような金融商品への投資がどうであれ、満期日の現金金額が特定の最低現金金額を下回ることはありません。

金融商品への投資は、リターンとして、関連する原資産の価値および/または関連する原資産の組成および/または計算方法における潜在的な将来の変化の方向、タイミングおよび規模を評価した後にのみ行われるべきです。そのような投資のどれもがそのような変化に依存して、絡み合っているでしょう。

金融商品への投資家は通常、関連する原資産の価値の予想される変化の方向、時期および規模について正確でなければなりません。

特定のリスク要因の影響が予測できないように、金融商品に関して複数のリスク要因が同時に影響する可能性があります。

さらに、2つ以上の危険因子が複合効果をもたらす可能性がありますが、これは予測不可能です。

リスク要因の任意の組み合わせが金融商品の価値に与える可能性がある影響について保証することはできません。

原資産にリンクされた金融商品は、関連する原資産および将来の投資家の経済的業績にリンクされた投資を表します。そのような金融商品への投資に対するリターン(もしあれば)は、原資産のパフォーマンスに依存することに注意してください。

潜在的な投資家はまた、そのような金融商品の市場価値はそのような基礎にリンクされており、そのような基礎によって(プラスまたはマイナスに)影響を受けるが、いかなる変化も比較できず不均衡になるかもしれないことに注意するべきである。

関連する基礎のレベルが経時的にどのように変化するかを予測することは不可能です。

関連する原資産への直接投資とは対照的に、そのような金融商品は、場合によっては、そのような金融商品に関して指定されたまたは決定可能な日に関連する金額の支払いまたは配達を受ける権利を表す。定期的な利息の支払い(かかる金融商品の契約条件で指定されている場合)を含む可能性がある商品。その全部または一部は、関連する原資産の履行を参照して決定される場合があります。

該当する契約条件は、定期的な利息の支払いを含む、関連する金融商品に関して、指定された、または決定可能な日に、​​支払金額または納品可能金額を決定するための規定を定めます。 。

未払いにリンクされている金融商品の見込み投資家は、関連する金融商品の条項および条件を確認し、支払われているか、または支払われているかのどちらかであるかを確認する必要があります。そのような金融商品を購入するための決定を下す前に、そのような金額が支払い可能および/または配布可能である場合があります。

金融商品に対する唯一の収益は、行使または償還またはその他の支払期日に支払われる金額の潜在的な支払または引渡しである可能性があり、定期的な利息の支払いおよび将来の購入者の支払いは、関連する契約の条件を検討する必要があります。どの程度の金額が支払われるべきか、および/または納付可能であるか、どのような状況および時期を確認するための金融商品。

PSSまたは関連する第三者は、場合によっては、同一の原資産に関する金融商品のいくつかの問題を発行することがあります。

ただし、PSSまたは関連する第三者が、場合によっては、そのような原資産にリンクされた金融商品を複数発行するという保証はありません。

どの時点でも、発行済みの金融商品の数はかなりのものになる可能性があります。

金融商品は、とりわけ、エクイティ証券、インデックス、通貨、特定の事業体のクレジット、デリバティブ、コモディティおよび/またはコモディティ先物、プライベートエクイティまたは非流動資産および不動産、信用度の低い有価証券、不良証券、投資に関連している可能性があります。新興国や発展途上国の市場で、あるいはヘッジファンドを含むファンドのシェアで。

エクイティ証券にリンクされた金融商品エクイティ証券またはエクイティ証券のバスケットにリンクされた金融商品に関しては、そのような金融商品に関して指定された、または決定可能な日に、​​投資家は所定の数の関連する持分証券および/または特定の日における関連する持分証券の価値を参照して決定される金額の支払い。

したがって、そのような金融商品への投資は、関連する持分証券への直接投資と同様の市場リスクを負う可能性があり、投資家はそれに応じてアドバイスを受けるべきです。

かかる金融商品に支払われる利息(もしあれば)は、ある日における他の日と比較した1つ以上の持分証券の価値を参照することによって、またはかかる持分に関して支払われる配当を参照することによって計算できる。証券

かかる金融商品に関しては、当該持分証券の発行者は当該金融商品に関連する提供文書の作成に関与しておらず、また当該金融商品の契約条件およびPSSはいかなる調査または照会も行っていません。その中に含まれる、またはそのような情報が抽出された文書に含まれるそのような発行者に関する情報に関する。

そのため、関連する金融商品の発行日より前に発生したすべてのイベント(関連するオファー文書の作成にPSSが使用する公的に入手可能なドキュメントの正確性または完全性に影響を与えるイベントを含む)は保証できません。 関連する持分証券の取引価格に影響を与えるであろう金融商品)は公に開示されているであろう。

そのような事象のその後の開示、またはそのような持分証券の発行者に関する重要な将来の事象の開示または開示の怠慢は、そのような持分証券の取引価格、したがってそのような金融商品の取引価格または価値に影響を及ぼす可能性がある。

当該金融商品の契約条件に別段の定めがある場合を除き、かかる金融商品の保有者は、当該金融商品が関連する関連持分証券に関して議決権、配当または分配を受ける権利、またはその他の権利を有しません。

インデックスにリンクされた金融商品インデックスまたはインデックスのバスケットにリンクされた金融商品に関しては、そのような金融商品に関して指定された、または決定可能な日に、​​投資家はの値を参照して決定された金額の支払いを受け取ることができます。別の日付と比較した、特定の日付または複数の日付の関連インデックス、および/または関連インデックスにリンクされた資産の現物引渡し。

そのような金融商品に支払われる利息(もしあれば)は、他の日と比較した、与えられた日における1つ以上の関連する指数の値を参照することによって計算されるかもしれません。

通貨にリンクされた金融商品1つまたは複数の通貨にリンクされた金融商品に関して、そのような金融商品に関して指定された、または決定可能な日付に、投資家は関連通貨の値を参照して決定された金額の支払いを受け取ることができます。特定の日付または別の日付と比較した特定の日付。

そのような金融商品に支払われる利息(もしあれば)は、他の日と比較した、与えられた日における1つ以上の関連通貨の価値を参照することによって計算されるかもしれません。

関連する通貨(または通貨バスケット内の1つ以上の通貨)の為替レートの変動は、その通貨にリンクされている金融商品の価値に影響を与えます。

さらに、そのような金融商品からの金銭の受領または売却による損益を自国の通貨に換算しようとする投資家は、自国の通貨と関連通貨(または1つ以上の通貨)との間の為替レートの変動の影響を受ける可能性があります。通貨バスケット)

通貨の価値は、他の市場の力にかかわらず、通貨の価値(または通貨バスケット内の1つ以上の通貨)を固定または支援するという政府の行動を含む、複雑な政治的および経済的要因によって影響を受ける可能性があります。

通貨に関連する金融商品の購入者は、関連する通貨の為替レート(または1つの通貨バスケット内の1つ以上の通貨)が予想される方向に動かない場合、投資全体を失う危険性があります。

その後、追加の金融商品または特定の通貨または特定の通貨指数に関連するオプションが発行された場合、市場における金融商品およびそのような通貨または通貨インデックスに関連するオプションの供給が増加し、その価格が上昇する可能性があります。金融商品は流通市場で大幅な下落を見せています。

その日常的な外国為替取引または市場取引の通常の過程において、またはあなたと締結した金融商品に関連してそのエクスポージャーのリスクを管理するために、PSSおよび/またはその関連会社、あるいは第三者が参加することがあります。次のいずれかの時点の前後に、第三者との取引(第三者取引)の全部または一部を終了、終了、または終結すること。(i)金融商品の評価が決定される。 (ii)金融商品が参照する対外市場の固定またはベンチマークの評価が決定されている(固定)。 (iii)金融商品が決済予定となる。 (iv)金融商品の決済を要求する当事者の権利が行使可能になる(これらのすべてのまたはいずれかの時間が関連時間となる)。

適切な時期に第三者との取引が行われた場合、直接または間接的に通貨の為替レートに影響を及ぼし、その結果、お客様への金融商品の価値、または固定資産の価値に影響を与える可能性があります。金融商品の特定の規定をトリガーすることがあります。

特定の事業体の信用に関連する金融商品金融商品は、1つまたは複数の特定の事業体の信用に関連することがあり、そのような金融商品、PSSの契約条件で特定される特定の状況が発生した場合 そのような金融商品に基づく金額を支払う という 関連第三者の義務は、そのような特定の事業体に関連する義務の価値を参照して計算された他の金額を支払う義務および/またはそのような義務を履行する義務に置き換えられます。 。

さらに、このような利子のある金融商品は、そのような状況が発生した日またはそれ以前に利子を放棄することがあります。

デリバティブにリンクされた金融商品金融商品は、発行されるか、さもなければ締結されるかもしれません。そのリターンは、特定の証券、商品、通貨、金利の投資実績を修正または複製しようとするデリバティブ商品(複雑かもしれません)にリンクされます。レバレッジベースまたはレバレッジなしベースのインデックスまたは市場。

そのような金融商品に関する原資産は、一般に相手方当事者リスクを有しており、期待された方法で実行されない可能性があり、それによってより大きな損失または価値の増加をもたらす。

そのような金融商品は、原資産の価値の全部または一部を失う可能性があり、したがって金融商品の価値に悪影響を及ぼす可能性があるリスクにさらされています。

そのようなリスクには、金利および信用リスク、ボラティリティ、世界および地域の市場価格および需要、ならびに一般的な経済的要因および活動が含まれる可能性があります。

原資産は、市場の動きを大幅に拡大する可能性がある非常に高いレバレッジも埋め込まれたデリバティブである可能性があります。これは、損失が場合によっては関連するデリバティブ商品の価値を超える可能性があるためです。

デリバティブ商品の市場の中には、「店頭」または「インターディーラー」市場があり、これらは非流動的であり、時々取引されているデリバティブ商品よりもビッド価格とオファー価格の間のスプレッドが大きくなることがあります。

そのような市場の参加者は、通常、信用評価や規制当局による監督の対象とはなりません。これは、「為替ベース」の市場のメンバーに当てはまります。

これは、そのようなデリバティブにリンクされた金融商品への投資家を、取引相手が信用または流動性の問題を抱えているため、または他の理由で取引不履行になったために取引条件に従って取引を決済できないというリスクにさらす。

「交換ベース」市場で見られる市場参加者の間で紛争を迅速に解決するための確立された規則および手続きが欠如している可能性があるため、決済の遅延は関連するデリバティブ契約の条件に関する論争からも生じ得る。

これらの要因により、金融商品の価値が低下する可能性があります。

そのような「相手方当事者リスク」はすべての「店頭」または二国間スワップに存在しており、予期せぬ出来事が和解を妨げるために介入する可能性があるより長い満期の契約において強調されている。

店頭デリバティブ取引の評価は、上場デリバティブよりも不確実性および変動が大きいため、ある当事者が提供する評価または関連する取引の清算時の価値と異なる場合があります。

特定の状況下では、店頭デリバティブ取引の価値について市場価格を入手することが不可能な場合があります。

商品および/または商品先物にリンクされた金融商品商品または商品のバスケットまたは商品先物にリンクされた金融商品に関して、そのような金融商品に関して特定されたまたは決定可能な日に、​​投資家はある金額の支払いを受け取ることができる。別の日付と比較した、特定の日付における関連商品または先物契約の価値を参照して決定されます。

そのような金融商品に支払われる利息(もしあれば)は、特定の日の1つ以上の商品の価値を参照することによって計算されるか、または他の日付と比較される日付とされる。

投資家は、商品または商品バスケットの価格の変動は、金利、通貨またはその他の指標の変動および商品または商品の関連価格の変動のタイミングと相関しない可能性がある大きな変動の影響を受ける可能性があることに注意してください。平均水準が期待と一致していても、投資家の実際の利回りに影響を与える可能性があります。

一般に、商品の価格の変動が早ければ早いほど、利回りへの影響は大きくなります。

商品先物市場は非常に不安定です。

商品市場は、とりわけ、需給関係の変化、天候、政府、農業、商業および貿易のプログラムおよび商品価格に影響を与えるように設計された政策、世界の政治的および経済的出来事、ならびに金利の変化によって影響を受ける。

さらに、先物およびオプション契約への投資には、レバレッジを含むがこれに限定されない追加のリスクが伴います(マージンは通常、契約の額面の割合であり、エクスポージャーはほぼ無制限になる可能性があります)。

先物ポジションの保有者は、特定の商品取引所が「1日の価格変動限度」または「1日の限度」と呼ばれる規制によって1日の間の特定の先物契約価格の変動を制限するため、そのようなポジションが非流動的になることがある。

そのような日々の制限の下では、単一の取引日の間、日々の制限を超える価格で取引が実行されることはありません。

特定の将来についての契約の価格が日々の限度に等しい量だけ増減すると、トレーダーが限度内または限度内で取引を実行する意思がある場合を除き、将来のポジションを取得または清算することはできません。

これは、保有者が直ちに不利な立場を清算し、それを相当の損失にさらすことを妨げる可能性があります。

様々な商品の先物契約価格が、取引をほとんどまたはまったく伴わずに数日連続して1日の上限を超えることがありました。

同様の出来事は、不利なポジションの清算を妨げ、そのような契約価格に関連する金融商品への投資家を相当の損失にさらす可能性があります。

そのような金融商品の市場価格は変動する可能性があり、行使者の償還までの残り時間および商品の価格の変動性に左右される可能性があります。

1つまたは複数の商品の価格は、そのような商品が取引される可能性がある交換または見積システムに影響を与える要因を含む、1つまたは複数の管轄区域内の経済的、財政的および政治的出来事によって影響され得る。

プライベートエクイティまたは非流動資産にリンクされている金融商品金融商品は、譲渡に関する法的またはその他の制限の対象となっている、またはプライベート企業のエクイティ証券のような流動的な市場が存在しない基礎にリンクされています。

そのような持分証券の市場価格は、もしあれば、より不安定になる傾向があり、望みに応じてそのような持分証券を売却すること、または売却の際にそれらの公正価値を実現することは不可能であるかもしれない。

そのような持分証券は、証券取引所に上場されることも、店頭市場で取引されることもありません。

これらのエクイティ証券のためのパブリックトレーディング市場が存在しないため、それらはパブリックに取引されているエクイティ証券より流動性が低い可能性があります。

上場されていない持分証券を売却しようとすると、かなりの遅れが生じる可能性があります。

これらの持分証券は個人的に交渉された取引で売却されるかもしれないが、これらの売却から実現される価格は当初支払われたものよりも低くなる可能性がある。

さらに、持分証券が登録または上場されていない会社は、その持分証券が登録または上場されている場合に適用されるであろう開示およびその他の投資家保護要件の対象とはなりません。

さらに、取引所または規制当局は、特定の契約における取引の一時停止、特定の契約の即時清算および決済の注文、あるいは特定の契約における取引の清算のためにのみ行われるよう命令することができる。

ポジションの流動性が低いために予想外の重大な損失が発生する可能性があり、それに関連する金融商品の投資家も予想外の重大な損失を被る可能性があります。

信用度の低い証券にリンクされている金融商品金融商品は、特にリスクの高い投資にもリンクされている可能性があり、それに応じて高いリターンが得られる可能性もあります。

結果として、そのような金融商品への投資家がその投資の全部または実質的に全部を失う可能性があるという重大なリスクがある。

そのような金融商品に関連する原資産は、投資適格よりも低く評価される可能性があるため、「ジャンク債」または不良債権とみなされる可能性があります(下記の「不良債権に関連する金融商品」も参照)。

不良証券にリンクされた金融商品金融商品は、財政状態が悪く、経営成績が悪く、相当な資本需要またはマイナスの自己資本を有し、特別な競争上または製品の陳腐化の問題に直面し、または破産または再編手続き

そのような金融商品は、そのような金融商品に投資された金額の相当な、あるいは全体的な損失さえももたらす可能性がある相当なリスクを伴う可能性があります。

そのような投資に関連する金融商品に固有のリスクの中には、関連する原資産の発行者の実態に関する情報を入手することがしばしば困難である可能性があることがあります。関連する原資産の価値は、とりわけ、不正な譲渡およびその他の無効な譲渡または支払い、貸し手の責任、および特定の請求を却下、軽減、劣後させる、または無効にする裁判所の権限に関連する法律によって悪影響を受ける可能性があります。関連する原資産の市場価格は、急激で不安定な市場の動きおよび平均を上回る価格の変動に左右される可能性があり、関連する原資産のビッド価格とオファー価格の間のスプレッドは、他の証券市場の市場価格よりも高くなる可能性があります。関連する原資産の市場価格がその本質的価値を反映するのに数年かかることがあります。企業再編では、(例えば、必要な承認を得られなかったために)再編を実施することは不可能かもしれません。清算(破産の有無にかかわらず)および再編において、清算または再編が(例えば、実際または偶発的な様々な債務が充足されるまで)延期されるか、またはその価値が関連する原資産の購入価格よりも低くなる現金または新しい証券。清算(破産の有無にかかわらず)および再編において、清算または再編が(例えば、実際または偶発的な様々な債務が充足されるまで)延期されるか、またはその価値が関連する原資産の購入価格よりも低くなる現金または新しい証券。清算(破産の有無にかかわらず)および再編において、清算または再編が(例えば、実際または偶発的な様々な債務が充足されるまで)延期されるか、またはその価値が関連する原資産の購入価格よりも低くなる現金または新しい証券。

新興市場または発展途上市場への投資にリンクされた金融商品金融商品は、先進国に所在していないか規制の対象となっていない発行体の証券、または通貨建てではない、あるいは取引されていない証券にリンクされています。先進国。

そのような金融商品への投資には、政治的および経済的な不確実性、政府の不利な政策、外国投資および通貨換算の制限、為替レートの変動、可能な低い水準の開示および規制、ならびに地位に関する不確実性に関連するリスクを含む収用、国有化および没収に関連するものを含むがこれらに限定されない法律の解釈、解釈および適用

先進国に所在しない企業もまた、一般的に統一された会計、監査および財務報告基準の対象とはならず、監査慣行および要件は先進国の企業に適用されるものと同等ではないかもしれない。

さらに、先進国で取引されていない証券は流動性が低く、そのような証券の価格はより変動しやすい傾向があります。

さらに、そのようないくつかの市場での取引の決済は、先進国の市場よりもはるかに遅く、失敗する可能性があります。

管理コストの増加ならびに管理上の困難(破産、損失資産の回収能力、収用、国有化および記録へのアクセスを含む、さまざまな状況下における新興国または開発途上国の法域のカストディアンへの適用可能性など)そのような新興国または発展途上国における資産の維持からも生じる。

ヘッジファンドを含むファンドの株式にリンクされた金融商品原資産が1つ以上のファンドに関連する場合、関連する金融商品はそのようなファンドの実績を反映します。

ヘッジファンドは、負債証券、持分証券、商品および外国為替などの幅広い投資持分に取引および投資することができ、先物およびオプションを含むがこれらに限定されないデリバティブ取引を締結することができる。

ヘッジファンドは非流動的であることが多く、毎月、四半期ごと、またはそれより少ない頻度でのみ取引されることがあります。

これらのすべての理由および下記の理由により、ヘッジファンドに直接または間接的に投資することは一般的にリスクがあると考えられています。

原資産が十分に機能しないヘッジファンドである場合、その価値はおそらくゼロに低下します。

関連する原資産に反映されているヘッジファンドおよびそのヘッジファンドのトレーディングアドバイザ、ならびにそれらが投資する市場および商品は、多くの場合、政府当局、自主規制機関による審査の対象とはなりません。または他の監督当局。

以下は、ヘッジファンドへの投資に関連するリスクの非網羅的リストです。(a)投資運用会社ヘッジファンドのパフォーマンスは、 日常業務に関連する主要人物によって選択された投資のパフォーマンスに左右されます。関連ヘッジファンドの投資運用会社およびそのような主要人物の専門知識

これらの個人のいずれかによる投資運用会社のための投資活動の撤回またはその他の中止は、損失および/または関連するヘッジファンドの終了または解散をもたらす可能性があります。

ヘッジファンドの投資戦略、投資制限および投資目的は、その運用会社にその資産を運用するための相当な裁量を与えるものであり、運用会社の投資決定が有益であるか、あるいは市場リスクまたはその他のリスクに対して効果的にヘッジするという保証はあり得ない。したがって、そのような決定により、関連するヘッジファンドの価値が下落する可能性があります。

投資運用会社は、パフォーマンス関連の手数料を受け取る可能性がありますが、これは相当な額です。

そのような手数料を計算する方法は、そのような手数料が投資運用会社に支払われなかった場合よりもリスクが高いか、またはより投機的な投資を行う運用運用会社に対するインセンティブを生み出す可能性があります。

さらに、履行報酬は、関連するヘッジファンドの資産の未実現利益と実現利益の両方を含む基準に基づいて計算される可能性があるので、かかる報酬は、実現利益のみに基づいた場合よりも大きくなる可能性があります。

ヘッジファンドが手数料をまかなうのに十分に機能しない、または十分に機能しない場合、関連するヘッジファンドの価値は低下し、ゼロに低下する可能性があります。

(b)資産の分離の欠如プライムブローカーはヘッジファンドに関連して任命されているか、または任命されている可能性があり、したがって当事者が締結した証券取引に関して保管、清算、資金調達および報告サービスを担当する。関連投資マネージャー。

ヘッジファンドによる投資が関連するプライムブローカーによって担保として分類される場合、それらはそのようなプライムブローカーによってそれ自身の投資から分離されないかもしれない。

結果として、そのような投資は、その破産の場合にそのようなプライムブローカーの債権者に利用可能であり得、関連するヘッジファンドはそのような投資に対するその利益の一部または全部を失う可能性がある。

(c)ヘッジリスク投資運用会社は、ワラント、先物、先渡契約、スワップ、オプションおよびその他の有価証券、通貨、金利、商品およびその他の資産区分(およびこれらの組み合わせ)を含むデリバティブ商品を以下の目的で利用することができる。その一環としての市場中立的な "裁定取引ポジションは戦略を縛り付け、資本市場の動きに対してヘッジする。

ポートフォリオポジションの価値の下落に対するヘッジは、ポートフォリオポジションの価値の変動を排除したり、そのポジションの価値が下落した場合の損失を防止するのではなく、同じ展開から得られるように設計された他のポジションを確立する。ポートフォリオポジションの価値。

そのようなヘッジ取引は、ポートフォリオのポジションの価値が増加した場合にも利益の機会を制限する可能性があります。

さらに、投資運用会社がヘッジ取引を実行すること、またはヘッジファンドにとって有利な価格、金利または水準で実行することが常に可能であるとは限りません。

ヘッジ取引の成功は、証券価格ならびに通貨および金利の方向性、ならびに価格設定関係の安定性または予測可能性の動きの影響を受けます。

したがって、ヘッジファンドが為替レートおよび金利リスクを軽減するためにかかる取引を締結する一方で、予想外の通貨または金利の変動は、ヘッジファンドがそのようなヘッジ取引を行わなかった場合よりも劣った全体的業績をもたらす可能性がある。

さらに、ヘッジ戦略に使用される商品の価格変動とヘッジされているポートフォリオのポジションにおける価格変動との間の相関の程度は異なり得る。

さらに、さまざまな理由から、投資運用会社は、そのようなヘッジ商品とヘッジ対象のポートフォリオ保有との間に完全な相関関係を確立することができない、または求めようとしない可能性があります。

不完全な相関関係は、ヘッジファンドが意図したヘッジを達成するのを妨げたり、ヘッジファンドを損失のリスクにさらしたりする可能性があります。

(d)レバレッジヘッジファンドは無制限に借り入れ(またはレバレッジを採用)することができ、スワップや買戻契約を含む様々な与信枠およびその他の形式のレバレッジを利用することができます。

レバレッジはヘッジファンドのトータルリターンを向上させる機会を提供しますが、潜在的に損失を増やす可能性もあります。

借りた資金で行われた投資の収益と評価が借り入れに必要な利子の支払いより少ない場合、ヘッジファンドの価値は減少します。

さらに、ヘッジファンドによる投資の価値に悪影響を及ぼす事象は、そのようなヘッジファンドが活用される範囲で拡大されます。

そのようなヘッジファンドの投資に不利に動く市場におけるヘッジファンドによるレバレッジの使用の累積的な影響は、ヘッジファンドがレバレッジされていない場合よりも大きい相当な損失をヘッジファンドにもたらす可能性がある。

さらに、特定の投資へのエクスポージャーを得るためにスワップおよびその他のデリバティブをヘッジファンドで使用することは、ヘッジファンドの資産を活用し、それを上記のリスクにさらす可能性があります。

(e)マージン借入金の使用に関連するリスク投資運用会社が予想される短期マージン借入金の使用により、関連するヘッジファンドに一定の追加のリスクが生じることになります。

例えば、ヘッジファンドのマージン口座の価値の下落を保証するために証券がブローカーに約束した場合、そのようなヘッジファンドは「マージンコール」の対象となる可能性があり、それに応じてブローカーに追加資金を預けるか必須の対象となります。価値の下落を補うために担保証券の清算。

ヘッジファンドの資産の価値が突然下落した場合、投資運用会社はマージン債務を返済するのに十分なほど迅速に資産を清算することができない可能性があります。

そのような場合、関連するプライムブローカーは、そのようなマージン債務を満たすために、独自の裁量で、ヘッジファンドの追加資産を清算することがあります。

米国外の取引所で取引されている特定のオプションのプレミアムは、マージンで支払われる場合があります。

投資運用会社が先物契約のオプションを売却する場合、オプションの基礎となる先物契約に設定された証拠金要件に等しい金額で証拠金を預託し、さらにそのオプションのプレミアムに実質的に等しい金額を預金する必要があります。 。

オプションの引出しに課される証拠金要件は、アウトオブザマネーオプションが行使されない可能性を反映するように調整されているが、実際には先物市場での直接取引に課されるものよりも高くなり得る。

店頭取引オプションに証拠金が必要かどうかは、取引当事者の合意によって決まります。

(f)低信用度および不良債権ヘッジファンドは、特にリスクの高い投資または弱い財政状態の発行体の証券に関連する有価証券に投資する可能性がある問題、またはそれが破産や再編の手続きに関与している。

この種の投資には相当なリスクが伴う可能性があり、それが相当な、時には場合によっては全体的な損失につながる可能性があります。

そのような事業体への投資に内在するリスクのいくつかは、上記の「信用度の低い有価証券に関連する金融商品」および「不良証券に関連する金融商品」に記載されている。

(g)デリバティブヘッジファンドは、特定の有価証券、商品、通貨、金利、指数または市場の運用実績をレバレッジまたはレバレッジなしで修正または複製しようとするデリバティブ商品(その一部は複雑かもしれません)に投資することがあります。

これらの商品には通常、相手方当事者リスクがあり、上記の「デリバティブに関連する金融商品」に記載されているリスクの影響を受けます。

ヘッジファンドはまた、様々な原資産のオプションを売買することがあります。

オプションを書く(売る)リスクは無制限です。オプションを書く人は、行使時に一定の価格で原証券を購入する(プットの場合)か、販売する(コールの場合)必要があります。

ヘッジファンドがオプション作家としての義務を果たすために支払わなければならないかもしれない価格に制限はありません。

決済時に価値がない資産として、オプションはヘッジファンドの市場エクスポージャーに対してレバレッジとリスクの重要な追加要素を導入する可能性があります。

特定のオプション戦略を使用すると、関連する投資運用会社が市場価格または価格関係の方向性を正しく予測しているポジションの状況でも、ヘッジファンドに重大な投資損失が発生する可能性があります。

(h)店頭デリバティブ取引に関連する特別なリスクヘッジファンドがデリバティブ取引に影響を与える可能性がある市場の中には、「店頭」または「インターディーラー」市場があり、これらは非流動的で時々上場デリバティブ取引よりも買呼値と売呼値の間のスプレッドが大きい場合があります。

そのような市場の参加者は、通常、信用評価や規制当局による監督の対象とはなりません。これは、「為替ベース」の市場のメンバーに当てはまります。

これによりヘッジファンドは相手方の債務不履行または決済の遅延のリスクにさらされ、したがって上記の「デリバティブに関連する金融商品」に記載されたリスクにさらされる。

これらの要因により、代替取引が実行されている間、またはその他の方法で、ヘッジファンドが不利な市場動向により損失を被る可能性があります。

ヘッジファンドがその取引を単一または少数の取引相手と集中している場合には、そのような「取引相手リスク」が強調されます。

ヘッジファンドは、通常、特定の取引相手との取引や、その取引の一部または全部の取引を1つの取引相手との集中から制限されていません。

さらに、投資運用会社がそのような店頭取引を行う場合、関連するヘッジファンドは、取引相手方(通常、関連するプライムブローカー)が取引に基づく債務の履行を怠るというリスクにさらされます。

店頭デリバティブ取引の評価もまた、上場デリバティブよりも不確実性および変動が大きい。

デリバティブ取引の「置き換え」の価値はそのような取引の「清算」の価値とは異なる可能性があり、ヘッジファンドの相手方によるそのような取引の価値は、第三者による価値または清算時の価値とは異なる可能性があります。トランザクション。

特定の状況下では、ヘッジファンドが店頭デリバティブ取引の価値について市場価格を入手することが不可能な場合があります。

ヘッジファンドはまた、希望する時点で相殺する店頭デリバティブ取引を完了または開始することができない可能性があり、その結果、重大な損失が生じる。

特に、店頭デリバティブ取引の終結は通常、取引の相手方当事者の同意がある場合にのみ行われ得る。

そのような同意が得られないと、ヘッジファンドはその義務を履行できなくなり、損失を被る可能性があります。

(i)非流動的投資ヘッジファンドは、非公開会社の持分証券のように、譲渡に関する法的またはその他の制限の対象となる流動性市場が存在しない投資を行うことがあります。または上記の非流動資産および不動産」。

さらに、ヘッジファンドが取る先物のポジションは、例えば、特定の商品取引所が、前述の「1日の価格変動限度」または「1日の限度」と呼ばれる規制によって1日の間の特定の先物契約価格の変動を制限するため、流動性が低くなります。上記の「商品および/または商品先物にリンクされている金融商品」に記載されている。

(j)法的規制によるリスク法的規制による変更はヘッジファンドに悪影響を及ぼす可能性があります。

ヘッジファンドなどの投資ビークルおよびヘッジファンドのために投資運用会社が行うことが許可されている多くの投資の規制は、まだ進化しているため、変更される可能性があります。

さらに、多くの政府機関、自主規制機関、および取引所は、市場で緊急事態が発生した場合に、特別な行動を取ることを承認されています。

ヘッジファンドに対する将来の法的または規制上の変更の影響を予測することは不可能ですが、実質的かつ悪影響を及ぼす可能性があります。

(k)空売り空売りとは、同じ証券(またはそのために交換可能な証券)を後日より低い価格で購入することを期待してヘッジファンドが所有していない証券の売却を含む。

買い手に引き渡すためには、ヘッジファンドは証券を借りなければならず、証券を貸し手に返却する義務があります。これは、後で証券を購入することによって達成されます。

ヘッジファンドがショートポジションをカバーする日とヘッジファンドがショートポジションをカバーする日の間に証券の価格がそれぞれ下降または上昇した場合、ヘッジファンドは空売りの結果として損益を認識します。借りた証券に代わる証券。

空売りは、理論的に無限の損失をもたらすであろう証券の市場価格の上昇の理論的に無限のリスクを伴います。

(l)コモディティおよびコモディティ先物ヘッジファンドはコモディティおよび/またはコモディティ先物に投資する可能性があるため、とりわけ上記の「コモディティおよび/またはコモディティ先物に関連する金融商品」に記載されているリスクの影響を受ける可能性がある。

(m)ヘッジファンドの補償ヘッジファンドは通常、運用顧問報酬、または基本顧問報酬に加えて、そのジェネラルパートナー、投資運用会社、または同等の職務を担う人物に、報酬を提供します。

履行手数料または配分により、投資運用会社は、そうでない場合よりもリスクの高い、またはより投機的な基礎投資を選択するインセンティブを生み出す可能性があります。

(n)「ソフトドル」支払いヘッジファンドに代わって取引を行うブローカー、銀行およびディーラーを選択する際に、投資運用会社は価格、ブローカー、銀行および/またはディーラーが迅速に取引を行う能力などの要因を考慮することができます。 他のブローカー、銀行、ディーラーと比較した場合の信頼性、設備、取引が行われる業務効率、財務力、完全性および安定性ならびに手数料率の競争力、ならびにあらゆる製品の品質、包括性および頻度そのようなブローカー、銀行およびディーラーによって提供されるサービス、または支払われる費用。

商品やサービスには、投資判断を下す際に投資運用会社が使用した調査項目が含まれることがあります。また、そのように支払われる費用には、投資運用会社の一般諸経費が含まれることがあります。

そのような「ソフトドル」の恩恵は、たとえそれが最低の取引手数料を提供しないとしても、投資運用会社に特定のブローカー、銀行、またはディーラーとの取引を実行させるかもしれない。

投資運用会社は、(i)最低の仲介手数料率を取得すること、または(ii)その仲介業務において最低の仲介手数料率を取得するために注文を結合または整理することを要求されない。

ブローカーによって請求された手数料の額が、そのブローカーによって提供された仲介および研究製品またはサービスの価値に関して合理的であると判断した場合、そのブローカーの手数料が他のブローカーの手数料よりも大きい取引を実行し得る。充電するかもしれません。

そのような仲介手数料は、関連する管理口座の取引を実行し、資産またはサービス(研究サービスなど)の支払いのためにヘッジファンドの仲介手数料の一部をヘッジファンドに供給、支払い、または払い戻す仲介業者に支払われます。関連する投資運用会社またはその関連会社が利用する、電話回線、ニュースおよび引用設備、コンピューター設備および出版物)。

投資運用会社は、その投資活動によって生み出された「ソフトドル」を使用して、上記の資産とサービスの支払いをすることができます。

「ソフトドル」という用語は、ブローカー(または先物取引に関連して先物取引業者)によって提供される資産およびサービスの、運用会社による、仲介手数料から生じる収益の量に基づく現金支払いなしでの受領を指す。投資運用会社のクライアントに対して実行された取引の場合。

投資運用会社は、ブローカーによって提供される調査サービスの量および性質、ならびにそのようなサービスが依拠される範囲を考慮し、それらに基づいて関連管理口座の仲介業務の一部を配分しようと試みます。考慮事項

(o)先物取引における取引に関連する特別なリスクヘッジファンドは先物取引に従事する可能性があります。

先物契約とは異なり、先物契約は取引所で取引されておらず、標準化されていません。むしろ、銀行やディーラーはこれらの市場でプリンシパルとして機能し、個々の取引を交渉します。

先物取引および「現金」取引は実質的に規制されていません。日々の価格変動に制限はなく、投機的なポジションリミットは適用されません。

先物市場で取引する元本は、取引する通貨または商品で市場を作り続けることを要求されておらず、これらの市場は流動性のない期間、時にはかなりの期間を経験する可能性があります。

これらの市場の特定の参加者が、特定の通貨または商品の価格を提示できなかったり、購入する予定の価格と販売する予定の価格との間に異常に広いスプレッドで価格を提示できなかった期間がありました。 。

ヘッジファンドによって取引される市場では、異常に高い取引量、政治的介入、またはその他の要因により混乱が生じる可能性があります。

市場の流動性の低下や混乱は、ヘッジファンドに大きな損失をもたらす可能性があります。

(p)投資の集中一般的にヘッジファンドは分散投資への投資を目的とするが、ヘッジファンドに関する投資運用会社は、そのようなヘッジファンドの資産を 少数の国に集中する可能性のある限られた数の投資に投資することができる。産業、経済部門および/または発行者。

その結果、ヘッジファンドによる投資は分散されるべきですが、特定の国、経済または産業における不利な動きや特定の発行体の有価証券の価値による、関連するヘッジファンドの価値への悪影響はかなり大きくなる可能性があります。そのようなヘッジファンドがその程度まで投資を集中することを許可されなかった場合よりも。

(q)売上高ヘッジファンドは、短期的な市場の考慮事項に基づいて投資することがあります。

結果として、ヘッジファンド内の回転率はかなり高くなると予想され、潜在的にかなりの仲介手数料、手数料およびその他の取引費用を伴う。

(r)運用上および人的ミスヘッジファンドの成功は、関連する投資運用会社による価格関係の正確な計算、正確な取引指示の伝達および継続的なポジション評価に部分的に左右される。

さらに、投資運用会社の戦略は、期間およびその他の変数の積極的かつ継続的な管理、ならびにヘッジファンドのポジションの動的調整を必要とする可能性があります。

人的ミス、見落とし、または業務上の弱点が原因で、このプロセスに誤りが生じ、重大なトレーディング損失および関連するヘッジファンドの純資産価値に悪影響を及ぼす可能性があります。

(s)評価の信頼性ヘッジファンドは、そのような評価を支配するヘッジファンドの商品に従って評価される。

ヘッジファンドの支配商品は、一般的に、非流動的で、取引所や確立された市場で取引されていない、あるいは価値が容易に決定できない証券または投資には、投資運用会社が決定するような公正価値が割り当てられますさまざまな要因に基づく判断。

そのような要因には、販売代理店の見積もりの​​総計または独立した評価が含まれますが、これらに限定されません。

そのような評価は、活発な、流動性のある、または確立された市場における実際の公正市場価値が何かを示すものではないかもしれません。

(t)投資戦略ヘッジファンドは、投資運用会社が独自の判断で戦略を決定することができる比較的異質な資産クラスです。

結果として、ヘッジファンドが採用している戦略について一般的に認められている定義はありません。

特定のヘッジファンドを戦略の1つの特定の定義だけに関連付けることは不可能な場合もあります。

さらに、分類を行うことができるさまざまなレベルがあります。一般的な戦略は、互いに非常に異なる可能性のあるさまざまなサブ戦略で構成されています。

金融商品は、「店頭で」取引されているか、取引市場が存在しない二国間の契約としてリンクされているか、先物もしくはオプションであるか、または発行される可能性があります。

先物取引に関連する、または先物取引である金融商品には、将来の日に契約の原資産を引き渡す、または引き受ける、あるいは場合によっては現金でポジションを決済する義務があります。

それらは高度のリスクを伴います。

先物取引でしばしば得られる「ギアリング」または「レバレッジ」は、投資の価値において小さな動きが比例してはるかに大きな動きにつながる可能性があることを意味し、これは投資家に対してもそれに対しても働きかけることができます。

先物取引には偶発債務があり、投資家はこれがもたらす影響、特にマージニングの要件に注意する必要があります。

限界取引では、購入者は購入価格全体に対して直ちに支払うのではなく、購入価格に対して一連の支払いを行う必要があります。

投資家が差額のために契約を取引したりオプションを売ったりする場合、ポジションを確立または維持するために預金した証拠金の総損失を被る可能性があります。

市場が投資家に対して動く場合、ポジションを維持するために短期間でかなりの追加マージンを支払うことが求められるかもしれません。

それが要求された期間内にそうすることに失敗するならば、そのポジションは損失で清算されるかもしれなくて、それは結果として生じる赤字に対して責任があるでしょう。

取引がマージン化されていなくても、契約締結時に支払われた金額を超えて、特定の状況で追加の支払いを行う義務を依然として負う可能性があります。

オプションにリンクされている、またはオプションである金融商品は、以下の条件を前提として、異なる特性を持つオプションと並ぶことがあります。

オプションの購入:オプションの購入はオプションの販売よりもリスクが少なく、原資産の価格が投資家に対して動くとオプションが失効する可能性があるためです。

最大損失は、保険料、手数料、その他の取引手数料に制限されます。

オプションを書く:投資家がオプションを書く場合、関連するリスクはオプションを購入するよりもかなり大きいです。

そのポジションを維持することはマージンの責任を負う可能性があり、損失は受け取ったプレミアムをはるかに超えて持続する可能性があります。

オプションを書くことによって、オプションがそれに対して権利行使される場合、投資家は原資産を購入または売却する法的義務を引き受けますが、市場価格は行使価格から遠く離れています。

投資家が売却する契約をしている基礎をすでに所有している場合(オプションが「カバードコールオプション」として知られるようになるとき)、リスクは減少します。

それが基礎をなしていない(「カバーされていない通話」オプション)リスクを無制限にすることができます。

覆い隠されたオプションを書くことを熟練した人だけが考え、次に適用可能な条件と潜在的なリスクエクスポージャーの詳細をすべて確実にした後に初めて考えてください。

差異の契約にリンクされている、または差異のある契約である金融商品先物およびオプションの契約は、差異の契約とも呼ばれます。

これらは、通貨と金利のスワップだけでなく、あらゆるインデックスのオプションと先物になることができます。

ただし、他の先物やオプションとは異なり、これらの契約は現金でしか決済できません。

差異のための契約への投資は、将来への投資または選択肢と同じリスクを伴いますので、上記のとおり、これらについて知っておく必要があります。

デリバティブ取引に関連する、または取引所外取引である金融商品取引所市場の中には流動性が高いものがありますが、取引所外デリバティブ取引にはないため、取引所外デリバティブまたは「譲渡不能」デリバティブ取引が大きなリスクを伴う場合があります。オープンポジションをクローズする取引所市場。

既存のポジションを清算したり、外為取引から生じたポジションの価値を評価したり、リスクへのエクスポージャーを評価したりすることは不可能かもしれません。

入札価格および提示価格は引用される必要はなく、たとえそれらがある場合であっても、それらはこれらの商品においてディーラーによって設定され、その結果、公正価格が何かを設定することは困難であり得る。

D.市場要因1。

市場要因

1.1原資産の評価金融商品への投資には、関連する原資産または関連する原資産を構成するバスケット構成要素の価値に関するリスクが伴います。

関連する原資産または関連するバスケット構成要素の価値は、時とともに変化する可能性があり、コーポレートアクション、マクロ経済的要因、および推測1を含む可能性があるさまざまな要因を参照して増減する可能性があります。

2原資産またはバスケットの構成要素の過去の実績は将来の業績の指標ではない関連する原資産または関連する原資産を構成するバスケットの構成要素の過去の価値(あるとすれば)は、その実績を示すものではありません。

該当する原資産、または1つ以上の関連するバスケットの構成銘柄の価値の変動が、該当する場合、関連する金融商品の取引価格に影響を与えます。

1.3原資産レベルまたはバスケット構成要素のレベルの計算の基礎は、時とともに変化する可能性がある関連原資産またはバスケット構成要素のレベルの計算の基礎は、時折変更されることがあります(関連する提供文書に記載)。 - 関連する金融商品の発行。これは、いつでも関連する金融商品の市場価値に影響を与え、したがって決済時に支払われる可能性のある金額または引渡可能な金額に影響を与える可能性があります。

1.4原資産またはバスケット構成要素の価値が関連する金融商品の価値に影響を与える関連する原資産の価値は、関連する金融商品の価値に影響を与えます。

当該原資産がバスケットである場合、その日の当該原資産の価値は当該日における当該バスケットの構成銘柄の価値を反映します。

関連する原資産の構成の変化および関連する原資産または関連するバスケット構成要素の価値に影響を与える、または影響を与える可能性がある要因(ここに記載されているものを含む)の変更は、関連する金融商品の価値に影響を与えます。

原資産またはバスケット構成銘柄の価値が、関連する金融商品の決済通貨とは異なる通貨で決定される場合、投資家は為替レートのリスクにさらされる可能性があります。

1.5為替レートのリスク将来の投資家は、金融商品への投資には為替レートのリスクが伴う可能性があることに注意する必要があります。

例えば、関連する金融商品の決済通貨は、投資家の居住地域の通貨または投資家が資金を受け取りたい通貨とは異なる場合があります。

通貨間の為替レートは、マクロ経済的要因、投機および中央銀行および政府の介入、あるいはその他の政治的要因(通貨規制や制限の課税を含む)の影響を受ける国際通貨市場の需給要因によって決定されます。

為替レートの変動は、金融商品の価値および金融商品に関して支払われる金額に影響を与える可能性があります。

1.6金利リスク金融商品への投資は、関連する金融商品の決済通貨で預金に支払われる金利に変動がある場合に金利リスクを伴う可能性があります。

これは、そのような金融商品の市場価値に影響を与える可能性があります。

金利は、マクロ経済的要因、投機的要因、中央銀行および政府の介入、あるいはその他の政治的要因の影響を受ける国際通貨市場における需給の要因によって決定されます。

短期および/または長期の金利の変動は、金融商品の価値に影響を与える可能性があります。

原資産またはバスケット構成要素が債券である場合、かかる原資産またはバスケット構成要素に関連する金融商品の価値は、金利の変動によって特に影響を受けると予想される。

2.市場価値金融商品の期中の市場価値は、主に、関連する原資産または関連するバスケットの構成銘柄の価値およびボラティリティ、ならびに同程度の満期の商品に対する金利の水準に左右される。

市場のボラティリティのレベルは純粋に実際のボラティリティの尺度ではありませんが、投資家にそのような市場のボラティリティに対する保護を提供する商品の価格によって大きく左右されます。

これらの商品の価格は、オプションおよびデリバティブ市場における需給の力によって決定されます。

これらの要因自体は、実際の市場のボラティリティ、予想されるボラティリティ、マクロ経済的要因、そして推測のような要因の影響を受けます。

金利の変動は、通常、固定金利の債務証券と同じように金融商品の価値に影響を与えます。

金利の上昇は、通常の状況下では、関連する金融商品の価値が高いほど金利の低下を低下させます。

金融商品が資本保護されている場合、その期間中のそのような金融商品の価値は、同等の満期のゼロクーポン債の価値を下回ることはありません。

3.特定のヘッジに関する考慮事項ヘッジ目的で金融商品を取得した購入者には特定のリスクが適用されます。

原資産またはバスケットの構成銘柄へのエクスポージャーをヘッジする目的で金融商品を購入する予定の購入予定者は、そのような方法で金融商品を利用するリスクを認識するべきです。

金融商品の価値が、原資産または任意のバスケット構成要素の価値の変動と相関し、関連する原資産または関連するバスケット構成要素の構成が経時的に変化する可能性があるという保証はありません。

さらに、関連する原資産または関連するバスケット構成要素の価値を直接反映する価格で金融商品を清算することは不可能かもしれません。

したがって、金融商品の発行に対する投資の収益率と、関連する原資産または関連するバスケットの構成銘柄に対する直接投資の収益率との間の相関のレベルに関して保証はありません。

金融商品に関連するリスクを制限するために取引をヘッジすることは成功しないかもしれない。

4.金融商品二国間契約または「特注店頭契約」である非流動的金融商品には流通市場がない場合があるため、売買できない可能性があります。

金融商品において流通市場が発展する可能性があるかどうか、またその程度、あるいは金融商品が流通市場でどの程度の価格で取引するのか、あるいはそのような市場が流動性または非流動性になるのかを予測することはできません。

金融商品の発行に関連する提供文書に記載されているように、証券取引所または見積システムで金融商品を上場、見積もり、または売買することを承認することを申請することができる。

金融商品の発行物がそのように上場されているか、売買に上場されているか、承認されている場合、そのような上場、上場、取引への承認が維持されるという保証はPSSによって与えられません。

金融商品がそのように上場されている、または上場されている、または売買されているという事実は、それらが上場されていない、または上場されていないまたはトレーディングに対して認められている場合よりも必ずしも流動性を高めることにはならない。

金融商品が上場されていない、またはいかなる証券取引所または売買システムで取引されることを承認されていない場合、そのような金融商品の価格情報を入手することはより困難であり得ます。

金融商品の流動性は、管轄区域によっては金融商品の提供および販売の制限によっても影響を受ける可能性があります。

PSSは、公開市場での任意の価格での金融商品の購入、または入札または個人間の合意により、いつでも金融商品を購入することができますが、その義務はありません。

そのように購入された金融商品は、解約のために保有または転売または放棄されることがあります。

PSSは関連する金融商品の唯一のマーケットメーカーであるかもしれないので、流通市場は制限されるかもしれません。

流通市場が限定的であるほど、そのような金融商品の保有者がそのような金融商品の決済前にそのような金融商品の価値を認識することはより困難になり得る。

マーケットメーカーとしての役割を果たすPSSに関しては、「

下記「E.利益相反」の「金融商品のマーケットメーキング」

E.利害の衝突

1.基礎となるPSSおよび/またはその関連会社が関与する取引は、その自己勘定口座および/またはその管理下にある口座について、基礎となる資産を含む資産を含む取引を随時行うことがあります。

そのような取引は、関連する原資産の価値、ひいては関連する金融商品の価値にプラスまたはマイナスの影響を与える可能性があります。

このセクション「利益相反」で使用されているように、基礎となるものへの言及は、該当する場合、その構成要素のいずれかを含むと見なされるものとします。

2.他の職務での行動PSSおよび/またはその関連会社は、計算代理店、代理店および/またはインデックススポンサーなどの金融商品に関して他の職務で行動することがあります。

このような機能により、PSSは、原資産の構成を決定したり、その価値を計算したりすることができます。これにより、PSS自体および/またはその関連会社が発行する有価証券またはその他の資産またはPSSがそのような証券または資産の発行者と取引関係を維持している場合。

3.基礎となるPSSおよび/またはその関連会社に関して他のデリバティブ商品を発行することは、基礎となるPSSおよび他のデリバティブ商品を市場に投入することによって他のデリバティブ商品を発行することがあります。根底にあります。

4.ヘッジ取引の実施PSSは、ヘッジ取引を行うために、金融商品の販売から受け取った収入の全部または一部を使用することがあります。

PSSは、このようなヘッジ活動は通常の状況下では関連する金融商品の価値に重大な影響を及ぼさないと考えています。

しかし、PSSのヘッジ活動がそのような価値に影響を及ぼさないことを保証することはできません。

金融商品の価値は、関連するヘッジポジションの全部または一部の清算(a)当該金融商品の満期または満了時、または(b)当該金融商品が以下の条件を満たす場合には、特に影響を受ける可能性があります。ノックアウト、ノックイン、または類似の機能については、関連する基礎となる価格または価格が、ノックアウト、ノックまたはその他の機能に関連する価格またはレベルに近づいた時点で。

5.発行価格金融商品に課される発行価格は、手数料、管理料またはその他の請求手数料に加えて、投資家には見えない、関連する金融商品の元の数学的(「公正な」)価値に対するプレミアムを含むことができる。

このようなプレミアムは、PSSの判断で決定され、他の発行体が同等の有価証券に対して請求したプレミアムとは異なる場合があります。

6.金融商品のマーケットメーキングPSSまたはその代理エージェントは、金融商品のマーケットメイカーとして行動することができます。

そのようなマーケットメイキングにおいて、PSSまたはその代理人は、大部分は、関連する金融商品自体の価格を決定します。

そのようなマーケットメーカーによって提示された価格は、通常、そのようなマーケットメーキングがなく流動性のある市場で普及していたであろう価格に対応しないでしょう。

流通市場での買呼値を設定する際にマーケットメーカーが考慮に入れる状況には、とりわけ金融商品の公正価値が含まれます。これは、とりわけ、関連する原資産の値および特定の買値に左右されます。 - マーケットメーカーがターゲットとしているスプレッド。

マーケットメーカーはさらに、関連する金融商品に対して当初発生した積載料および関連する金融商品の満期時に支払われるかまたは引き渡される金額から差し引かれるべき手数料またはコスト(管理、取引または取引を含む)を定期的に考慮します。関連する金融商品に関連する諸条件に基づいて請求されるその他の手数料

さらに、流通市場で提示されている価格は、例えば、発行価格に含まれる当該有価証券の当初価値に対するプレミアムの影響を受けます(第5項参照)。

関連する証券の構造上、PSSに経済的に帰属するものであり、関連する場合には、関連する原資産またはその他の収入によって支払われた、または受け取られた配当金による。

金融商品のビッドオファースプレッドは、関連する金融商品の需要と供給および特定の収益の考慮に基づいてマーケットメーカーによって設定されます。

関連する金融商品の契約条件に基づいて請求される管理手数料などの特定の原価は、多くの場合、関連する金融商品の期間にわたって一貫した基準で見積価格から除外されず、差し引かれます。その全体としては、市場メーカーの裁量により決定される、早い時点での関連する金融商品の公正価値からのものです。

PSSに経済的に帰属する発行価額に含まれるプレミアム、および関連する場合には、関連する基礎の配当およびその他の収益についても同じことが当てはまり 、関連する基礎またはその構成要素が交換される場合には差し引かれない"しかし、これは関連する金融商品の期間の早い段階で全期間の予想配当または一定期間に基づいて差し引かれます。

そのような費用が差し引かれる割合と時期は、とりわけ、金融商品からマーケットメーカーへの正味の返済額に依存します。

その後、マーケットメーカーによって提示された価格は、関連する金融商品の公正価値、または関連する時点での上記の要因に基づいて経済的に予測される価値とは大きく異なる可能性があります。

さらに、マーケットメーカーはいつでも相場価格を設定するために使用する方法を変更することができます。

7.原資産のPSSおよび/またはその関連会社のマーケットメイキングは、原資産の将来の提供に関連して引受会社としても機能するか、原資産の発行会社に対する金融アドバイザーとして、または発行会社の商業銀行業務においても機能することができます。根底にあります。

そのような活動はある種の利益相反を生じさせる可能性があり、そのような基礎となる金融商品の価値に影響を与える可能性があります。

8.保険引受人または他の方法で保険引受人PSSおよび/またはその関連会社の発行者を代行することは、将来の保険引受人の募集に関連して保険引受人として行動することができる。原資産の発行者のために。

そのような活動はある種の利益相反を生じさせる可能性があり、そのような基礎となる金融商品の価値に影響を与える可能性があります。

9.非公開情報の取得PSSおよびその関連会社は、原資産に関する非公開情報を取得することができ、PSSもその関連会社も、そのような情報を金融商品の保有者に開示することを約束しません。

さらに、PSSの関連会社の1つ以上が、原資産に関する調査報告書を発行することがあります。

そのような活動は利益相反を引き起こす可能性があり、金融​​商品の価値に影響を及ぼす可能性があります。

10.安定化特定の金融商品の価格は、そのような金融商品の価格を安定させるためにとられる措置によって影響を受ける可能性があります。

安定化は、証券の新しい発行物が一般に販売される期間中に証券の市場価格を人工的に維持することを可能にする。

安定化は、新銘柄の価格だけでなく、それに関連する他の有価証券の価格にも影響を与える可能性があります。

現地の規制当局は、新しい問題が初めて市場に登場したときに、購入者が見つかる前にしばらくの間価格が下がることがあるという事実に対抗するために、安定化を許可することがあります。

一般的なビジネス規約

1.定義 - 用語の解釈

1.1。本一般取引条件において、文脈上別段の定めがない限り、以下の用語は以下の意味を有し、必要に応じて単数形または複数形で使用されることがあります。

「アカウント」とは、PSSにおけるクライアントの取引アカウントを意味します。

「口座明細書」とは、口座に入金または借方記入された取引の定期的な明細書を意味します。

「アカウントサマリー」とは、クライアントの証券ポートフォリオ、未決済ポジション、証拠金要件、現金預金などの明細書を意味します。

特定の時点で。

「代理人」とは、個人または個人の名前で取引を行っているが、他人のために行っている法人を意味します。

「許可された人」とは、PSSに指示を与えるためにクライアントによって許可された人を意味します。

「営業日」とは、ドイツで銀行が営業している日を意味します。

「CFD」および「CFD契約」とは、投資家が関連する証券または指数の始値と終値の差額を支払う、または支払われる契約である差額契約を意味するものとします。

「顧客」とは、あなたがPSSの顧客としての能力にあることを意味します。

「担保」とは、お客様がPSSに預け入れた証券またはその他の資産を意味します。

コミッション、請求、「マージンスケジュール」とは、現在の基準でPSSによって決定されるとおり、いつでもサービスに適用される可能性のある手数料、料金、マージン、利子およびその他の金利のスケジュールを意味します。

「契約」とは、PSSとの間で締結された、オプション、将来、CFDまたはそれに関連するその他の取引を含む、商品、証券、通貨またはその他の金融商品または財産の購入または販売に関する口頭または書面を問わず、あらゆる契約を意味します。クライアント

「相手方」とは、PSSが顧客を含む顧客との契約をカバーすることができる銀行および/またはブローカーを意味します。

「デフォルトの事象」とは、第16条にこの用語に与えられた意味を有するものとします。

「内部情報」とは、契約が公表された場合に契約の価格設定に影響を与える可能性がある、公表されていない情報を意味します。

「紹介ブローカー」とは、そのようなクライアントをPSSに紹介し、そのようなクライアントに助言を提供し、および/またはそのようなクライアントとPSS間の取引の実行を仲介することに対してPSSおよび/またはそのクライアントによって報酬を受ける

「証拠金取引」とは、購入価格に基づく契約とは対照的に、証拠金保証に基づいて開始および維持される契約を意味します。

「市場規則」とは、取引、契約の締結、執行または清算に関与する取引所、決済機関、その他の組織または市場の規則、規制、習慣および慣行をいい、あらゆる決定、決定またはその他の権限の行使を含む。またはそのような取引所、決済機関、その他の組織もしくは市場による権限。

「OTC」とは、規制された株式または商品取引所で取引されず、PSSによって「店頭で」売買されるオプション、将来またはCFDを含む、商品、証券、通貨またはその他の金融商品または財産に関する契約を意味します。第12条に記載のマーケットメーカー、またはそれ以外のもの。

「本人」とは、取引の当事者である個人または法人を意味します。

「PSS」またはPSSFXはSparkasse Rein、Limitedの商品名です。

「サービス」とは、本規約に従ってPSSが提供するサービスを意味します。

「条項」とは、随時改訂されることがある、クライアントとPSSの間の関係を規定するこれらの一般的な取引条件を意味します。

「取引確認」とは、PSSからお客様へのお客様の契約への参加を確認するメッセージを意味します。

「取引プラットフォーム」とは、本規約に基づきPSSが提供するオンライン取引プラットフォームを意味します。

「単位」とは、UMAの端数を意味し、そのため、PSSがマーケットメーカーとして売買価格で提示​​するOTC商品であり、したがってデリバティブ商品と見なすべきです。

「統合管理口座」または「UMA」とは、PSSに雇用されているかどうかにかかわらず、資産運用会社が管理する多数の投資家の合同投資のプールを意味します。実体も証券取引所上場商品も。

1.2。本規約と関連市場規則との間に矛盾がある場合は、市場規則が優先するものとします。

1.3。本規約では、個人への言及には、法人団体、未編入団体、パートナーシップおよび個人が含まれるものとします。

1.4。本規約の見出しおよび注記は参照用であり、本規約の構成および解釈には影響しません。

1.5。本規約において、あらゆる法律、法令、規制または制定への言及は、その法定の修正または再制定、あるいはそのような法律、法令、規制または制定(またはそのような修正もしくは再制-制定)。

2.了解のリスク

2.1。お客様は、証券、ならびにレバレッジおよび非レバレッジのデリバティブにおける取引および投資が以下のとおりであることを認識、認識、および理解しています。

a。 非常に投機的です。

b。 極端なリスクを伴う可能性があります。そして

c。 クライアントが証拠金で取引する場合、証拠金を超える損失のリスクを負うことができる人にのみ適しています。

2.2。クライアントは以下のことを認識、認識、理解します。

a。 証拠金取引で通常要求される低い証拠金により、原資産の価格変動は重大な損失をもたらす可能性があります。

b。 顧客がPSSに取引の開始を指示した場合、資産または原資産の変動の結果として生じるいかなる純損益も、完全に顧客の口座およびリスクに対するものとなります。

c。 クライアントは、クライアントが投機的投資での取引のリスクを負うことを喜んでおよび行うことができることを保証します。

d。 お客様は、PSSがお客様のアカウントを持ち、お客様の推奨に従った結果として発生した損失について、PSSに責任を負わないことに同意します。

e。 お客様は、投資取引において、利益の保証または損失の回避を保証することは不可能であると認めます。

f。 お客様は、PSSから、その関連会社または代表者から、あるいはお客様がPSS口座を運営している他の団体から、利益、損失の回避、または同様の表明を保証するものではなく、また本規約に同意しませんまた、クライアントは将来、そのような保証または同様の表現を考慮して、またはそれらに依存して行動することはありません。

3.サービス

3.1。お客様が本規約に基づく義務を履行することを条件として、PSSは、以下の投資および商品の形でお客様との取引を締結することができます。

a。 商品、証券、金利および債務商品、株価またはその他の指数、通貨ならびに貴金属および貴金属に関する先物およびCFD。

b。 スポットおよびフォワード金、通貨および店頭デリバティブ。

c。 株式、債券、および政府発行物および公募発行物を含むその他の債務証書を含む有価証券。

d。 オプションおよびオプションに関するオプションを含む、上記の商品のいずれかを取得または処分することの保証。

e。 OTCまたは証券取引所取引商品としての管理資産。

そして

f。 PSSのような他の投資や商品は時々同意するかもしれません。

3.2。クライアントがUMAまたは他の管理資産プールで1つ以上のユニットを購入するとき、クライアントはそのようなUMAまたは管理資産プールの指定された資産管理者が資産の売買および売買の全権および権限を有することを認め、同意します。そのようなUMAまたは管理資産のプールの口座およびリスク、ひいては間接的に顧客の口座およびリスクに対する、マージンまたはその他の方法による金融市場。

3.3。クライアントは、UMAまたは他の管理資産プールの取引および取引に積極的に関与することを意図しておらず、そのことを認め、理解し、受け入れています。

3.4。クライアントは、指定資産運用会社が、本規約に基づくUMAまたはその他の管理資産プールにおけるすべての取引および取引の基礎として独自の取引方法を利用できることを了解、理解および受け入れます。

3.5。お客様は、PSS、資産運用会社および/またはUMAまたはその他のプールに対するあらゆる可能な補償請求を放棄し、放棄することを条件として、資産運用会社によって行われる取引および取引が行われることを了解、理解および受け入れます。資産運用会社によるそのような取引および取引の結果としてクライアントが被る可能性のある財務上またはその他の損失に対する運用資産の損失。

お客様はさらに、その結​​果としてPSS、資産運用会社、またはUMAまたはその他の運用資産プールに頼ることなく、あらゆる点でそのようなすべての財務上またはその他の損失に対してお客様が単独でかつ排他的に責任を負うことを認識、理解および受け入れます。

3.6。PSSが提供するサービスには、次のものが含まれます。

a。 限界取引

b。 空売り(すなわち、契約の当事者が所有していない資産を引き渡す義務がある場合)。

または

c。 以下の投資取引

私 。認識されていない取引所または指定された投資取引所で取引されている。

ii。いかなる証券取引所や投資取引所でも取引されていません。

および/または

iii。すぐには実現できない投資。

3.7。注文は、市場で入手可能な価格で可能な限り早く商品を売買するための成行注文として、または提示された様々な商品に適用可能な価格が所定のレベルに達すると取引するための指値注文およびストップ注文として出される。

買い注文および売り注文を停止する注文は、現在の市場価格より下に設定する必要があります。また、売り注文および買い注文を停止する注文は、現在の市場価格よりも上に設定する必要があります。

売り注文の買い呼値または買い注文の売り呼値に達した場合、注文は市場で入手可能な価格でできるだけ早く満たされます。

特定の注文についてPSSが明示的に述べていない限り、指値注文とストップ注文は指定されたレベルまたは金額で実行可能であることが保証されていません。

3.8。いかなる取引または契約に関しても、PSSがクライアントの代理人として行動することが明確に合意されていない限り、PSSはそのような取引または契約を本人として実行します。

3.9。別段の合意がない限り、有価証券取引はすべて即時取引として実行されます。

即時取引では、PSSは、PSSによって提示された価格で取引を行うクライアントの相手方として機能します。

3.10。クライアントは、書面による別段の合意がない限り、本人として契約を締結するものとします。

クライアントがプリンシパルに代わって行動する場合、クライアントがプリンシパルをPSSに認定したかどうかにかかわらず、PSSは、別途書面で合意されない限り、当該プリンシパルをクライアントとして受け入れる義務を負わないものとします。契約に関してクライアントをプリンシパルと見なします。

3.11。PSSがクライアントに助言、情報または勧告を提供する場合、PSSはさらに第18条に規定されるようなそのような助言、情報または勧告の収益性について責任を負わないものとし、クライアントは次のことを認識、認識および理解します。

a。 上場投資および多くの契約におけるすべての取引は、市場規則に従って、かつ市場規則に従って行われます。

b。 特に、マーケットルールには通常、緊急事態やその他の望ましくない状況において幅広い権限が含まれています。

c。 取引所または決済機関が取引または契約に影響を与えるような行動をとる場合、PSSは、その裁量により、顧客および/またはPSSの利益のために望ましいと考える行動をとる権利を有する。

d。 PSSは、第18.3条にさらに規定され、取引所、決済機関、その他の組織または市場の行為または省略、あるいはその結果としてPSSが合理的に行った行動の結果としてお客様が被った損失に対して責任を負いません。行動または脱落

e。 PSSが顧客の代理人として取引を行った場合、その取引の相手方による配達または支払いは(必要に応じて)顧客の全責任となります。

f。 顧客または顧客の口座または顧客に代わって他の人物に投資の売却代金を引き渡すPSSの義務は、PSSが他の当事者から(適切な場合には)売却代金を受領することを条件とする。取引の当事者

g。PSSの取引時間は通常、日曜日の中央ヨーロッパ標準時(CET)の午後8時から金曜日の午後11時までです。

PSSはヨーロッパの主要な休日には休業となる場合があります。

h。 PSSは、予告なしに、全体的または部分的に、永久的または一時的に、PSSによってクライアントに提供されたアカウント機能を引き出すことができます。

PSSがそのような措置を取る可能性がある状況には、次のような状況が含まれますが、これに限定されません。

私 。PSSは、クライアントが内部情報を所有している可能性があると見なします。

ii。PSSは異常な取引条件があると見なします。

そして

iii。関連市場情報が入手できないため、PSSは関連契約の価格を計算できません。

3.12。PSSは、本規約に基づいてPSSが提供するサービスに関連する税務上の問題についてクライアントに助言を提供してはなりません。

クライアントは、PSSによって提供される本サービスの個人的な税金への影響について、財務顧問、監査人または弁護士から個々の助言を受けることをお勧めします。

3.13。その他の本規約の規定にかかわらず、サービスを提供するにあたり、PSSは、その絶対的な裁量により、市場規則およびその他すべての適用可能な法律および規制上の決定を確実に遵守するために必要と考える行動をとる権利を有する。

4. PSSとクライアント

4.1。クライアントは、PSSに口頭または書面による指示(インターネットを介して、または後述のEメールで提供される指示を含む)を提供することができます。PSSは、必要に応じて、口頭または書面で指示を承認することができます。

4.2。クライアントに代わってPSSの指示を与える権限を与えられた者は、クライアントからPSSに通知された者とし、PSSへの書面による通知によって変更することができます。

PSSは、書面による通知がPSSによって実際に受領され確認されるまで、そのような変更に拘束されないものとします。

PSSは、PSSに許可された人物であると思われる人物の口頭または書面による指示に基づいて行動する権利を有するものとします。

4.3。取引プラットフォームは、特定の契約を執行する機能を提供します。

さらに、口座、取引確認、およびPSSからクライアントへのメッセージに関する詳細は、取引プラットフォームで入手可能です。

以下の条件は、インターネット上で実行される契約に適用されます。

a。 PSSおよびその代理人、代理人またはブローカーは、PSSがそれを生成しない限り、システムの障害、伝送の失敗または遅延または同様の技術的なエラーによってクライアントが被ったまたは被った損失、費用、費用または責任について市場の動きや注文の執行を操作するという明確な意図を持ったエラー。

b。 PSSは、PSSが犯したタイプミスや、クライアントがシステムに入力した情報の誤った解釈の結果として引用符に誤りがあったためにクライアントが被った損失について、クライアントに責任を負わないものとします。

PSSは、エラーが発生した時点で問題となっている資産の市場価値を考慮に入れて、そのようなエラーを修正するためにクライアントのアカウントに必要な修正を加える権利を有します。

c。 PSSは顧客にリアルタイムの取引可能な価格を提供するものとします。

クライアントとPSSとの間の伝送が遅れるため、PSSによって提供される価格は、クライアントからの注文がPSSによって受信される前に変更または急上昇した可能性があります。

自動注文執行が顧客に提供される場合、PSSは顧客からの注文が受領された時価に顧客の注文が執行される価格を変更する権利を有するものとします。またはPSSの性質上、すでに急激な価格の変更があった場合。

d。 取引プラットフォームは、いくつかのバージョンで利用可能であり、適用されるセキュリティのレベル、利用可能な製品およびサービスなどを含むがこれらに限定されない様々な側面において区別され得る。

利用可能なすべてのアップデートがインストールされているPSSの標準バージョンと異なるバージョンをクライアントが使用したためにクライアントが被った、または発生した損失、費用、費用、または賠償責任についてPSSはクライアントに責任を負いません。

e。 クライアントは、クライアントの名前、パスワード、またはクライアントを識別するために実装されたその他の個人識別手段を使用してインターネット経由で送信されるすべての注文およびすべての情報の正確性について責任を負うものとします。

f。 お客様は、パスワードを秘密にし、第三者がお客様の取引施設へのアクセスを取得しないようにする義務を負います。

g。たとえそのような使用が許可されていないかまたは不正であるとしても、クライアントは、クライアントのパスワードによって実行された契約についてPSSに対して責任を負うものとします。

そして

h。 クライアントが取引プラットフォームを介して指示を送信したときに取引プラットフォームが直ちに契約が実行されることを確認するという事実に関係なく、PSSによって転送された取引プラットフォーム上で取引確認がPSSの契約の確認となります。

4.4。取引プラットフォームを介して、またはクライアントによってEメールで送信されたすべての命令は、受信されたとみなされ、その命令が実行されたとして記録された場合に限り、有効な命令および/またはPSSおよび取引確認書および/または口座明細書を通じて顧客にPSSによって確認されたもの、および顧客による指示の単なる伝達は、PSSと顧客の間の拘束力のある契約を構成するものではありません。

4.5。クライアントは、PSSの要求に応じて、PSSに速やかに指示を提供するものとします。

クライアントがそのような指示を迅速に提供しない場合、PSSは、クライアント自身の保護またはクライアントの保護のためにPSSが必要または望ましいと考えるので、絶対的な裁量で、クライアントの費用でそのような措置を講じることができます。

この規定は、PSSがクライアントと連絡を取ることができない場合にも適用されるものとします。

4.6。お客様がPSSが規定する時点でお客様からの指示を必要とするオプションまたは他の契約を行使する意思の通知をPSSに提供しない場合、PSSはお客様が放棄したオプションまたは契約を取り扱うことができます。

契約が満了時に延長される可能性がある場合は、PSSはその単独の裁量で、かかる契約を延長または終了することを選択することができます。

4.7。PSSは、PSSが合理的に要求するような形式で、口座を閉鎖すること、または顧客に起因する送金を指示すること、またはそうでないことをPSSに示すことを確認することを要求することができる。必要または望ましいです。

4.8。クライアントは、PSSを補償し、PSSが認定者からの指示の誤り、またはPSSがその指示に基づいて行動した結果として生じるすべての損失に対して補償するものとします。権限のある人

4.9。PSSは、その独自の裁量により、そして説明なしに、いかなる指示に基づいて行動することを拒否することができます。

4.10。一般に、PSSは、できる限り早急に指示に従って行動し、取引指示に関する限り、指示の性質を考慮して合理的な期間内に行動するものとします。

ただし、PSSは、指示を受けた後、合理的な時間内にそのような指示に基づいて行動することは合理的に実行不可能であると考え、PSSの合理的な見解では実行することができるPSSがそのような指示に基づいて行動することを拒否しているクライアント。

4.11。PSSによって提示された取引の価格にエラーが発生する可能性があります。

そのような状況では、ノルウェーの下でそれが持っているかもしれない少しの権利への偏見なしで、PSSはなされたと主張するどんな契約によっても束縛されない(PSSによって確認されるかどうかにかかわらず)。

a。 PSSは、取引時にクライアントが明らかに不正確であったことを立証することができます。またはb。

トランザクションの時点では、クライアントによって正しくないと認識されていたか、または合理的に認識されていたはずです。

4.12。価格の誤りを悪用することを目的とした取引戦略(一般に「狙撃」と呼ばれる)は、PSSでは認められていません。

PSSが、その誠意をもって独自の裁量で、クライアントが誤った見積もりを利用している、または他の形態の不正取引を行っていると判断した場合、PSSは以下の1つ以上の対策をとる権利があります

妥当な時間、PSSは、PSSの合理的な見解でそれが実行可能になるまでそれらの指示に従うことを延期するか、またはPSSがそのような指示に従うことを拒否することをクライアントに通知する。

a。 クライアントが利用可能な価格スプレッドを調整する。

b。 手動見積もりの​​みを含む、即時取引可能な見積もりの​​ストリーミングへのクライアントのアクセスを制限します。

c。 PSSが独自の裁量で判断したような流動性の乱用によって得られた過去の取引利益を、顧客との関係の間いつでも、顧客の口座から引き出すこと。

および/または

d。 書面による通知を行うことにより、直ちにお客様との関係を終了させます。

さらに、PSSは、PSS取引プラットフォーム上での裁定取引およびスキャルピングの実務を許可していません。

価格待ち時間の裁定取引の機会に依存する取引は取り消される可能性があります。

PSSは、関係するアカウントに必要な修正または調整を加える権利を留保します。

仲裁戦略に依存する口座は、PSSの独自の裁量により、トレーダーの口座の解約の対象となる可能性があります。

そのような裁定取引や操作に起因する紛争は、PSSの単独の絶対裁量で解決されます。

PSSはそのような問題が解決されるまで撤退を保留する権利を留保します。

ここに記載されているいかなる行動または決議も、PSSがあなた、あなたの会社およびその役員に対して有する可能性のある権利または救済を放棄または害するものではありません。これらはすべて明示的に留保されます。

4.13。クライアントが複数の人(たとえば、共同口座保有者)である場合:

a。 そのような各人の責任は、直接、共同および複数であるものとします。

b。 PSSは、そのような人であるか、PSSにそのような人であると思われる任意の1人の人物から受け取った指示に基づいて行動することができます。

c。 PSSからそのような人に提供された通知またはその他の連絡は、そのような人すべてに提供されたものと見なされるものとします。

そして

d。 第16条に記載された事件がそのような人物のうちの一人に関して発生したとみなされる場合、第16条に基づくPSSの権利が適用されるものとします。

4.14。クライアントは、PSSがすべての電話会話、インターネット会話(チャット)、およびクライアントとPSSとの間の会議を記録し、その記録からの写しまたは写しをいかなる当事者(規制当局を含むPSSは、PSSの全裁量で、PSSとクライアントとの間の紛争または予想される紛争に関連してそのような情報を開示することが望ましいかまたは必要であると判断します。

ただし、技術的な理由により、PSSが会話を録音できないことがあります。いずれにしても、PSSによって作成された録音またはトランスクリプトは、PSSの通常の慣例に従って破棄されます。

その結果、クライアントはそのような記録や写しが利用可能であることに頼るべきではありません。

5.マージン、コレラトール、支払いおよび配達

5.1。クライアントは要求に応じてPSSに支払うものとします。

a。 PSSが要求するかもしれないように、預金による、あるいは初期または変動証拠金としてのそのような金額。

PSSが取引所で実施した契約の場合、かかる証拠金は、関連する取引所が規定する金額または割合にPSSの全裁量で要求される追加の証拠金を加えた額以上でなければならない。

b。 時折、契約に基づくPSSが原因で発生する可能性がある金額、および任意のアカウントの借方残高の清算の際に、またはそれに向かって必要となる可能性がある金額。

そして

c。 PSSとしてのそのような金額は、PSSに対するお客様の義務に対するセキュリティとして時々必要となる場合があります。

5.2。クライアントが源泉徴収または控除の対象となる支払いを行う場合、クライアントは、PSSが実際に受領した金額が、PSSが受領したであろう全額と源泉徴収または控除がなされないことを確実にするようにPSSに支払うものとします。

5.3。お客様の口座への支払いは、PSSが当該金額を受領したことを条件として、PSSにより入金されます。

これは、領収書その他の支払通知、または支払請求に明示的に記載されているかどうかにかかわらず適用されます。

5.4。PSSの事前の書面による合意に基づき、クライアントは、現金の代わりに、PSSに遵守する目的で、PSSに担保をPSSに提供するか、PSSに受諾可能な形式で保証を提供することができます。義務です。

クライアントは、PSSがその全裁量で担保を登録する価値、ひいては担保がクライアントに対するPSSの要求に貢献する金額を決定することがあることを明確に認識されます。

PSSは、お客様への事前通知なしに、かかる担保の価値を変更することがあります。

5.5。担保はPSSによって任命された中間ブローカーまたは適格管理人によって保有され、中間ブローカーまたは適格管理人はクライアントに発生するすべての利子支払い、収益およびその他の権利を請求および受領する責任を負うものとします。

PSSは、仲介業者または適格管理人の行為または不作為について一切の責任を負いません。また、中間仲介業者または適格管理人の行為または不作為から直接的または間接的に生じたいかなる損失についても、クライアントに責任を負いません。

5.6。PSSには以下の権利があります。

a。 PSSの義務を履行するためにクライアントから受け取った金銭または担保を第三者に譲渡すること。

b。 第三者に対するPSSの義務を履行するために担保に関する担保を請求、誓約、または付与すること。

c。 担保を第三者に貸与する場合、担保は顧客の名前で登録されている場合もあれば登録されていない場合もあります。

d。元の担保または担保の種類以外のものをお客様に返却する。

PSSは、本第5条に記載されている活動のいずれかを実行した結果としてPSSが受け取るいかなる収入についても、クライアントに説明する義務を負わないものとします。

5.7。クライアントは、その契約の条項に従って、およびPSSがその間で締結された対応する契約の下でその義務を履行することを可能にするためにPSSによって与えられた指示に従って、契約の下でそれによって提供される金銭または財産を速やかに提供する義務を負うものとする。 PSSとサードパーティ

5.8。お客様がいかなる取引に関しても本規約に基づく未払いの証拠金、預金またはその他の金額の提供を怠った場合、PSSはお客様への予告なしに未定の契約を締結し、その収入をPSSによる支払いに充当することができます。 。

これは第16条でさらに規定されています。

5.9。第9.3条に従い、顧客が支払期日までに支払いをしなかった場合、顧客は委員会に定められた利率で未払いの金額に利息を支払うものとします。マージンスケジュール

5.10。クライアントは、PSSが本規約または一般的なノルウェー法に基づいて保有するその他の権利に加えて、クライアントのオープンポジションのサイズ(正味または総額)を制限し、注文を新しいポジションを確立する

PSSがそのような権利を行使できる状況には、次のような状況が含まれますが、これに限定されません。

a。 PSSは、クライアントが内部情報を所有している可能性があると見なします。

b。 PSSは異常な取引条件があると見なします。

そして

c。 顧客の担保の価値(5.4項に従ってPSSによって決定される)は、最低証拠金要件を下回る。

6.証拠金取引

6.1。PSSとクライアントの間の証拠金取引が開始された日に、PSSはクライアントにアカウントのマージンを少なくともPSSの最初のマージン要件と同等にするよう要求することができます。

PSSの証拠金要件は、証拠金取引の期間を通して適用されます。

いつでも十分なマージンがアカウント上で利用可能であることを保証することは、お客様の責任です。

PSSは、証拠金要件が満たされていないことをお客様に通知する場合としない場合があります。

証拠金取引の期間中いつでも、口座で利用可能な証拠金がPSSの証拠金要件をカバーするのに十分でない場合、クライアントは未決済の証拠金取引の額を減らすか、または十分な資金をPSSに支払う義務があります。マージン。

PSSが顧客に証拠金要件が満たされていないことを通知し、証拠金を満たすために資金の振替を要求した場合、そのような振替はPSSの要請の直後にPSSによって実施および受領されなければなりません。

お客様がそのような譲渡を行ったとしても、PSSは、その単独の裁量により、そのような行為についてお客様に対するいかなる責任も負うことなく、1つ以上のマージン取引またはマージン取引の一部を終了することができます。クライアントのアカウント

6.2。クライアントは、証拠金要件が予告なしに変更されることがあることを明確に認識しています。

証拠金取引が開始された場合、PSSはその裁量で証拠金取引を完了することはできませんが、クライアントの指示によって、または本規約に基づくPSSの権利に従ってのみ可能です。

したがって、PSSが証拠金取引のリスクがそのような証拠金取引開始日のリスクと比較して増加していると判断した場合、PSSは証拠金要件を引き上げます。

7.アカウント

7.1。PSSは、クライアントとの間で、またはクライアントに対してPSSが締結した各取引または契約に関して、およびクライアントのためにPSSによってクローズされた各オープンポジションに関して、取引確認書をクライアントに提供します。

取引確認書は通常、第7.3項に従って取引の実行後すぐに利用可能になります。

7.2。口座サマリーおよび口座明細書は、取引プラットフォームを通じてクライアントに提供されます。

アカウントサマリは通常、PSSの営業時間中に定期的に更新されます。

勘定報告書は通常、前営業日の情報で毎営業日更新されます。

本規約に同意することにより、クライアントは、特定の要求がある場合を除き、PSSからアカウントサマリーまたはアカウント明細書を印刷形式で受け取らないことに同意します。

7.3。口座取引明細書および取引確認書を含む、本規約に基づいてPSSが提供するいかなるメモまたはその他の通信も、電子メールまたは取引プラットフォーム上の顧客の口座概要に表示することにより、PSSがその選択により顧客に送信できます。

クライアントはこの目的のためにPSSにEメールアドレスを提供する義務があります。

PSSから送信された電子メールメッセージは、クライアントによって受信されたと見なされます。

PSSは、PSSからの送信後にメッセージが受ける可能性のある遅延、変更、リダイレクト、またはその他の変更に対して一切責任を負いません。

取引プラットフォーム上のクライアントのアカウント上のメッセージは、PSSが取引プラットフォーム上にメッセージを配置したときにクライアントによって受信されたと見なされます。

7.4。お客様は、PSSから電子形式で送信された文書を含め、各文書の内容を確認する義務があります。

明白な誤りがない限り、そのような文書は、その文書を受け取ってから24時間以内にクライアントが反対の旨をPSSに書面で通知しない限り、決定的とみなされます。

取引確認またはその他の方法で顧客の口座に転記するべき取引または契約を締結したとクライアントが判断し たが、そのような確認を受け取っていない場合、クライアントは直ちにPSSに通知しなければならない。クライアントはそのような確認を受けているはずです。

お客様がそのような確認を受領しなかったことをお客様がPSSに直ちに通知しなかった場合、その取引または契約はPSSの絶対的な裁量により存在しないと見なされることがあります。

7.5。本規約に同意することにより、お客様は、PSSが他のお客様に属する有価証券とともにお客様の有価証券を総勘定元帳に残すことに同意するものとします。

PSSは、登録された証券に対する個々のクライアントの所有権を明確に指定した登録簿を保管しなければなりません。

クライアントは、そのような証券がクライアントの名前ではなくPSSの名前で関連する決済機関またはカストディアンに登録されていないことを受け入れます。

その結果、クライアントは、関連する決済機関または保管担当者(もしあれば)によって犯された過誤の補償を個人的に受けることはできません。

8.手数料、料金、その他の費用

8.1。クライアントは、委員会に定められた手数料および料金をPSSに支払う義務を負うものとします。マージンスケジュール

8.2。変更がお客様の利益になる場合、または変更の理由がPSSの管理を超えた外部の事情によるものである場合、PSSはかかる手数料および請求を予告なしに変更することがあります。

a。 PSSの取引相手との関係の変化は、PSSのコスト構造に影響を与えます。

そして

b。 手数料の変更や交換手数料、決済機関、情報提供者、その他の第三者の提供者など、PSSによって通常顧客に引き渡される手数料や料金に変更がある

8.3。以下の場合、PSSはそのような手数料および請求額を1か月の通知で変更することがあります。

a。 競争の激しい行動を含む市況は、PSSの手数料の変更を要求します。

b。 PSSは、商業上の理由から、その一般的なコストと価格構造を変更したいと考えています。または

c。 提供された個々の条件に基づいて、クライアントの重要な詳細が変更されました。

8.4。そのような手数料および料金に加えて、クライアントは、すべての適用されるVATおよびその他の税金、保管および配送料金、交換および清算の家屋代ならびにその他の契約に関連してPSSによって発生するその他のすべての料金を支払う義務があります。クライアント関係を維持する。

8.5。さらに、PSSは以下の費用をお客様が別途支払うことを要求する権利を有するものとします。

a。 顧客がハードコピーの取引確認書、口座明細書などを要求する電話、テレファックス、宅配便、郵便の費用など、顧客との関係から生じるすべての特別な支払い。

b。 催促状の送付、法的支援などに関してPSSが決定した手数料を含む、クライアントによる不履行によって生じたPSSの費用。

c。 ノルウェーの法律に従って、公的機関からの問い合わせに対する返答に関連したPSSの費用。これには、筆記録と同封物の転送およびコピーの作成に関連してPSSが決定した手数料が含まれます。

d。 保証金に関連する管理手数料、および提供されている場合は誓約に関連するPSSの費用(保険料の支払いを含む)。

そして

e。 PSSが監査人のコメント/報告に関連してかかる費用がクライアントから要求された場合は、その費用。

8.6。料金は、発生した費用に対応する固定額として、または実行されたサービスに対応する割合または時間料金として請求されます。

計算方法は組み合わせることができます。

PSSは新しい料金を導入する権利を留保します。

8.7。6ヶ月間の一定期間、取引(取引/引き出し/預金)がなかったPSSクライアント口座は、休眠口座と見なされ、そのような口座は毎月10ドルの休眠料金が請求されます。

8.8。PSSは、PSSが締結した契約に関して、その仲間、紹介ブローカー、またはその他の第三者とコミッションおよび料金を共有することができます。

そのような報酬または共有の取り決めの詳細は、関連する取引確認書には記載されません。

PSS(または関連会社)は、契約の相手方に代わって行動する場合、コミッション、値上げ、値下げ、またはその他の報酬から恩恵を受けることができます。

8.9。本規約に別段の定めがない限り、本規約に基づくPSS(またはPSSによって使用されるエージェント)に支払われるべき金額はすべて、PSSの判断により決定されるものとします。

8.10。店頭取引が行われる取引に関しては、PSSは、顧客と取引する準備が整った価格を見積もる権利を有するものとします。

PSSが本契約に基づいて契約を締結する権利を行使する場合を除き、そのような価格で契約を締結するかどうかを決定するのはお客様の責任です。

お客様に送付された取引確認書に記載された価格には、別途請求されることはない、料金が含まれています。

クライアントはこの形式で取引確認書を受け取ることに同意します。

追加料金がかかる場合があります。

マーケットメーカーとしてのPSSの行動については、さらに第12条に記載されています。

8.11。さらに、お客様は、第9条(利息および通貨の換算)および第12条(市場の作成)に記載されている手順がお客様に追加の費用をもたらす可能性があることを認め、認識し、受け入れます。

9.利子と通貨のコンバージョン

9.1。以下の条項9.2を条件として、書面で合意された場合を除き、PSSは以下について責任を負いません。

a。 任意の口座の任意のクレジット残高、またはPSSが保有するその他の金額に基づいて、クライアントに利息を支払う。または

b。 そのような金額に関して、または契約に関連してPSSが受領した利息について、クライアントに説明する。

9.2。アカウントの正味自由資本が一定額を超えると、PSSはPSSの欧州委員会の手数料に記載されているような利率で利子を支払います。マージンスケジュール

9.3。アカウントに負の純フリーエクイティがある場合、クライアントは、その負の純フリーエクイティの全額をPSSのコミッション、手数料、および会社に公表されているレートでPSSに利息を支払います。マージンスケジュール

9.4。PSSは、変更がお客様の利益になる場合、または変更の理由がPSSの管理が及ばない外部状況に起因する場合、予告なしにそのような金利を変更することがあります。

a。 PSSにとって重要な意味で、国内または海外の金融または信用政策の変更は、一般的な金利水準に影響を与えます。

b。 その他の動向は、PSSにとって重要な方法で、マネーおよび債券市場を含む一般的な金利レベルで発生します。

そして

c。 PSSの取引相手との関係の変化は、PSSのコスト構造に影響を与えます。

9.5。以下の場合、PSSはそのような金利を1か月前の通知で変更することがあります。

a。 競争上の行動を含む市場の状況は、PSSの状況の変化を求めています。

b。 PSSは、商業上の理由から、その一般的なコストと価格構造を変更したいと考えています。

そして

c。 提供された個々の条件に基づいて、クライアントの重要な詳細が変更されました。

9.6。PSSには、以下のものを変換する権利があります(ただし、いかなる状況においても義務付けられてはなりません)。

a。 顧客の基準通貨(顧客の口座が表示されている通貨)以外の通貨で顧客の基準通貨に対して生じる実現損益、オプション料、手数料、金利、仲介手数料。

b。 お客様の基準通貨以外の通貨建ての資産を購入する目的で、現金通貨から他の現金通貨への預金。

そして

c。 PSSがお客様の義務および負債をその通貨でカバーするために必要または望ましいと考えるような、PSSがお客様のためにPSSがその他の通貨に対して保有している金銭。

9.7。PSSが通貨換算を行うときはいつでも、PSSが選択するような合理的な為替レートでPSSが行います。

PSSは、随時、PSSが委員会に指定し公表することができるように、そのような転換を手配するための為替レートの値上げを自身のアカウントに請求し、保持する権利を有するものとする。マージンスケジュール

10.資金調達

10.1 クライアントによってPSSに譲渡された、またはPSSによって、あるいはクライアントに代わってPSSの取引相手によって保持されたすべての担保は、クライアントが現在または将来PSSに対して負う可能性があるあらゆる責任に対する担保として差し入れられています。

制限なしに、そのような担保は、PSSの顧客に属するものとして登録された証券の口座の信用残高を含むものとします。

10.2。お客様が本規約に基づく義務を履行しなかった場合、PSSはいかなる予告もしもしないし、訴訟もなしに、約束した担保を直ちに売却する権利を有します。

そのような売却は、PSSがその合理的な裁量で決定し、PSSがその合理的な裁量で入手可能な最良の価格であると判断する価格で行われるものとします。

11.ネッティング契約

11.1。いずれかの日に、各当事者が同じ通貨で他の当事者に対して本規約に基づいて同じ金額を支払う場合、そのような日に、そのような金額の支払いを行う各当事者の義務は自動的に満たされ、解約されます。

金額が同じ通貨でない場合、その金額は第9条に記載されている原則に従ってPSSによって変換されます。

11.2。一方の当事者が支払うべき総額が他方の当事者が支払うべき総額を超える場合、より大きな総額を支払うべき当事者は、相手方に超過分を支払い、各当事者が支払う義務を負うものとする。満足して放電されます。

11.3。顧客関係が第16条に従って解除された場合、当事者が互いに対して負っている請求は、最終的にネッティングによって解決されるものとします(完了)。

公開契約の価値は、11.4から11.7までに規定されている以下の原則に従って決定されるものとし、一方の当事者が支払う最終金額は、当事者の支払義務の差額とする。

11.4。契約の締結に基づく利率は、PSSが債務不履行の事由により契約を解約すると決定した日に適用される市場利率とします。

11.5。PSSは、合理的な裁量により、当該資産のマーケットメーカーからオファーを取得するか、または電子金融情報システムからレートを適用することによってレートを決定することができます。

11.6。相殺される契約の価値を決定する際には、PSSはその通常のスプレッドを適用し、すべての費用およびその他の費用を含めるものとします。

11.7。このネッティング契約は、顧客関係の当事者の不動産および債権者に対して法的効力を有するものとします。

市場マーケティング

12.1。公認の証券取引所または先物取引所でPSSがクライアントの代理人として注文を実行する場合、PSSはそのような取引の当事者にはなりません。お客様が注文を制限することを選択した場合など、注文時またはお客様の具体的な指示に従って利用可能な有利な条件では、PSSはお客様のために達成された執行価格の追加のスプレッドを含みません。委員会、請求、& Aに従って報酬が支払われます。マージンスケジュール

12.2。お客様は、外国為替市場、OTC外国為替オプションおよびCFD契約を含むがこれらに限定されない特定の市場では、PSSがマーケットメーカーとして行動する可能性があることを特に認識しています。

12.3。PSSは、クライアントの書面による要求に応じて、PSSが特定の商品のマーケットメーカーとして機能するかどうかをクライアントに開示します。

12.4。マーケットメーカーとして行動するとき、PSSは、通常のマーケットの状況下では、クライアントの入札価格を見積もり、価格を尋ねます。

12.5。PSSが通常投機的取引に関連する迅速さで価格を見積もるためには、PSSは利用可能な価格または入手可能性情報に頼らなければならないかもしれません。資産の流動性または一時停止、情報提供者からのフィードの誤り、またはカウンターパーティからの引用。

もしそうであり、そしてPSSが顧客に価格を提供する際に誠意を持って行動したならば、PSSは顧客との取引をキャンセルすることができますが、合理的な時間内にそれをしなければなりません。

12.6。クライアントとの任意のポジションの執行後、PSSは独自の裁量により、他のクライアントのポジションまたはPSSの取引相手の1つとのポジションを相殺するか、またはトレーディング利益を得ることを意図して市場で専有ポジションを保持することができます。そのような立場から。

したがって、そのような決定および行動により、PSSがクライアントに提示された価格とは異なる価格でクライアントのポジションを相殺し、PSSのトレーディング利益または損失が生じる可能性があります。

これは、クライアントがインプライドコスト(すなわち、クライアントがPSSと取引した価格と、その後PSSが相手方および/または他のクライアントと取引した価格の差)と見なされる可能性がある可能性を高めます。マーケットメイキング機能の結果としてPSSによって実現されるいかなる利益に対しても。

ただし、PSSがクライアントと取引する価格と比較して、市場がPSSに逆らう場合、マーケットメーキング機能はPSSに多大なコストをかける可能性があります。

12.7。PSSのマーケットメーカーとしての活動の結果として、クライアントはPSSがそのような市場で最高の執行をクライアントに提供する義務を負わないことを認めます。

さらに、お客様は、そのような市場におけるPSSがお客様の立場に反する立場を保持する可能性があり、その結果PSSとお客様との間に利益相反が生じる可能性があることを承認します。

12.8。PSSがマーケットメーカーとして機能する市場では、PSSは手数料を請求してもしなくてもかまいません。

ただし、PSSが手数料を請求するかどうかにかかわらず、クライアントは、PSSがマーケットメーカーとしての業績から追加の利益を得ようとすることを受け入れ、そのような利益の規模は、クライアントの証拠金と比較すると相当な場合があります。 。

12.9。クライアントは、PSSが他のクライアントまたは相手方との取引において契約をカバーした、またはカバーすることができると予想される価格と比較したときに、クライアントに提示された価格がスプレッドを含むことを認識、認識および承認する。

さらに、お客様は、当該スプレッドがPSSに対する報酬であること、およびすべての契約に関する限りスプレッドを計算することはできず、かかるスプレッドは取引確認書に明記されていない、またはお客様に明らかにされないことを認識、認識および承認します。

12.10。手数料、利子、特定の市場でPSSがマーケットメーカーとして見積もったスプレッドに関連して含まれるコスト、その他の手数料および料金は、結果としてクライアントの取引結果に影響を与え、クライアントの取引実績に悪影響を及ぼします。そのようなコミッションコスト、金利、スプレッドに関連して含まれるコストが適用されなかった場合の状況。

12.11。取引スプレッドおよび手数料は通常、取引されている原資産の価値に関連して見られる中程度と見なされていますが、そのような費用は、顧客の証拠金と比較した場合、かなりのものとなる可能性があります。

その結果、顧客のマージン預金は、顧客が負担する可能性がある取引損失、ならびに手数料、金利および仲介手数料などの直接見える取引費用、ならびに顧客にとって目に見えない費用によって枯渇する可能性があります。 PSSのマーケットメーカーとしての実績によるものです。

12.12。クライアントが活発なトレーダーであり、多数の取引を引き受けている場合、目に見えるコストと目に見えないコストの合計の影響は重大なものになる可能性があります。

その結果、クライアントは、PSSとの取引活動に関連する費用を賄うために、市場で大きな利益を得る必要があるかもしれません。

非常に活発なトレーダーにとって、そのようなコストは、時間がたつにつれて、預けられた証拠金の価値を超えるかもしれません。

通常、限界デリバティブを取引する場合、適用可能な証拠金率の割合が低いほど、取引の実行に関連する費用の割合が高くなります。

12.13。顧客は、外国為替、OTC外国為替オプション、CFD契約およびその他のOTC商品のマーケットメイキングの分野では、PSSが市場としての能力を発揮することによって得られる利益の結果として、かなりの黙示的コストが生じる可能性があるメーカー。

12.14。マーケットメーカーとしてのPSSのパフォーマンスは、PSSを持つお客様のアカウントに悪影響を与える可能性があり、また、暗黙のうちに記載されているコストは、いつでもお客様に直接見えるものでも直接的に定量化できないものです。

12.15。PSSは、いかなる時においても、PSSがその業績または市場メーカーとして生み出した収入の詳細、あるいは他の手数料、料金および手数料に関する詳細を開示する義務を負いません。

12.16。クライアントは、CFD契約がマーカーメーカーとして機能している間にPSSによって提示されたOTC商品であり、認められた証券取引所で取引されていない可能性があることを特に認識しています。

その結果、マーケットメーカーとしてのPSSの実績に関連する暗黙の、目に見えないコストに関する上記の説明は、CFD契約にも適用される可能性があります。

13.まとめと分割

13.1。クライアントの注文は、PSSの裁量で、PSS自身の注文、PSSの関連会社のいずれかおよび/またはPSSに関連する人物(従業員および他のクライアントを含む)の注文と集約することができます。

さらに、PSSは、そのような注文を実行するときに、クライアントの注文と集約された注文を分割することがあります。

PSSがそれを顧客の最善の利益のために行うと合理的に判断する場合に限り、注文は集約または分割されるだけですが、集約および分割は場合によっては顧客の注文が別々に実行された場合よりも不利な価格を得ます。互いに。

14.利益相反

14.1。PSS、そのアソシエート、またはPSSに関連するその他の人物は、本規約の下で行われた取引または契約、またはPSSによって提供されたアドバイスに関して重要な利害、関係または取り決めを有することがあります。

本規約に同意することにより、お客様は、PSSがお客様を事前に参照することなくかかる取引を行うことに同意するものとします。

14.2。さらに、PSSは、利益が顧客の利益と矛盾または競合する可能性がある第三者に助言、勧告およびその他のサービスを提供することがあり、PSS、その仲間およびその従業員は、他の顧客の代理として行動することがあります。クライアントと反対のポジション、またはクライアントと競合して同じまたは類似のポジションを取得することができます。

15.カウンターパーティーと紹介ブローカー

15.1。PSSは、PSSの裁量により選択された取引相手に、顧客の指示を有効にするよう指示することができ、PSSがメンバーではない取引所または市場の規則に従って取引が行われる場合は、PSSは取引相手に指示します。

15.2。PSSは、相手方を選択する際にPSSが十分な注意を払って行動しなかったことが証明されていない限り、かかる相手方が犯した誤りについて責任を負わないものとします。

15.3。クライアントは紹介ブローカーによってPSSと呼ばれている可能性があります。

もしそうであれば、PSSは、クライアントと紹介ブローカーとの間でなされ、PSSが当事者ではないいかなる合意についても責任を負わないものとします。

15.4。クライアントは、紹介ブローカーとのクライアントの合意が、PSSがそのような人物に手数料または手数料を支払うことがあるため、クライアントに追加の費用をもたらす可能性があることを特に認識しています。

クライアントは、そのような紹介ブローカーが独立した仲介人またはクライアントの代理人として行動すること、およびそのような人物がPSSまたはサービスに関していかなる表明をすることも許可されないことを認めます。

16.デフォルトおよびデフォルトの救済策。

16.1。PSSは、クライアントからPSSまたはその関連会社への支払いが予定されている場合、PSSがクライアントに対して所有または保有している金額を保持または控除する権利を留保します。

16.2。クライアントは、PSSの裁量により、いつでもクライアントに通知または責任を負うことなく、クライアントの所有物および/または収益の一部または全部を売却、適用、相殺および/または請求することを承認PSSまたはPSSのアソシエイトに対するお客様の義務の一部またはすべてを破棄するために、PSSまたはそのアソシエートまたはエージェントのいずれかが親権または支配権を有する場合

16.3。以下の各イベントは、デフォルトのイベントを構成します。

a。 お客様が合理的な裁量により、支払いに失敗した場合、または本規約に基づいて、またはPSSによって要求されたその他の行為または行為をしなかった場合。

b。 クライアントが、PSSが最初の期日に任意の連絡先に配達するために必要な資金を送金しなかった場合。

c。 クライアントが最初の期日にいずれかの契約に基づき納入用資産を提供しなかった場合、または納入しなかった場合。

d。 クライアントが亡くなった場合、または心に響く場合。

e。 ノルウェーの破産法または顧客に適用される同等の行為に基づく訴訟、またはパートナーシップの場合にはそのような申請が1人以上のパートナーに関して行われる場合、または会社、受領者、受託者、行政上の受領者または同様の役員が任命される。

f。 クライアントの解散または管理について請願書が提出された場合。

g。(PSSの書面による事前承認を得た合併または再建を目的とする場合を除き)クライアントの解散または管理のために注文が行われた、または決議が承認された場合。

h。 苦痛、処刑、またはその他のプロセスが、お客様の所有物に対して課され、7日以内に削除、解任、または支払われない場合。

私。抵当または請求によって作成された担保がクライアントに対して執行可能となり、抵当または請求が抵当または請求を執行するための措置を講じる場合。

j。 クライアント(またはその子会社)またはクライアント(またはそのいずれか)の債務不履行による定められた満期前に、クライアントまたはその子会社の債務が即時に支払われる、または支払期日が到来すると宣言される可能性がある場合またはその子会社のいずれかがその期日に債務を支払うことができない。

k。クライアントが本規約または契約に基づく義務を完全に遵守しなかった場合。

l。 クライアントによって与えられた表明または保証のいずれかが不正であるか、または不正確になった場合。

メートル。PSSまたはクライアントが、規制機関または当局による契約(または契約の一部)の締結を要求された場合

または

n。PSSが自らの保護またはその仲間の保護のために必要であると合理的に考えると、デフォルトのイベントが存在するとみなされるような事態が発生する、または事情が発生する。

16.4。デフォルトのイベントが発生すると、PSSはその裁量により、以下の権利を与えられ、承認されます。

a。 PSSまたはその関連会社または代理人の所有または管理下にある可能性がある、顧客の担保、資産、および財産の一部または全部を何らかの方法で販売または請求する、あるいは保証を求めること。

b。 PSSがいずれかの契約に基づく義務を履行するために必要である、またはPSSの合理的な意見にあると思われる担保、投資またはその他の財産を購入すること。価格とそれに関連する費用および費用。

c。 担保の投資または財産を第三者に引き渡す、またはその他の方法でPSSが契約を締結するために望ましいと考える行動をとること。

d。 PSSが独自の裁量で要求することができるような方法で、契約を直ちに締結して解決するようクライアントに要求すること。

e。 契約に基づいて発生した義務を履行するために、PSSが決定することができる速度および時間で、いかなる外国為替取引も開始すること。

f。 口座の借方または貸方にある資産の全部または一部を再請求すること(PSSによって決定される(PSSによって決定される資産の市場価値に等しい金額を支払う義務にPSSまたは顧客の納入義務を含む)再請求が行われる日)の独自の裁量により)

16.5。クライアントは、PSSがクライアントに通知することなく本第16条に記載されたステップの一部または全部を実行することを承認し、PSSがそのようなステップを実行したことによるいかなる結果に対しても責任を負わない

クライアントは、PSSの権利を保護するためにPSSが要求することができるようにそのような文書を実行し、その他の措置を取るものとします。

16.6。PSSが本第16条に基づき顧客の担保または財産を売却する権利を行使した場合、PSSは顧客に代わって顧客に通知または責任を負うことなくそのような売却を行い、売却代金を支払うまたはPSSおよび/またはPSSのアソシエイトに対するお客様の義務のすべて。

17.クライアント保証 表現

17.1。クライアントは、PSSに対して以下のことを保証し、表明します。

a。 本規約、または本規約によって企図される契約または取引に従ってその実行を妨げるような法律または規制の対象となるものではありません。

b。 それは、すべての必要な同意を得ており、本規約に従って運営する権限を持っています(そして、クライアントが個人でない場合、それは適切に権限を与えられ、その憲法および組織文書に従って必要な企業または他の権限を得ます)

c。 クライアントが何らかの目的のために提供した投資またはその他の財産は、本規約に従って、常にいかなる料金、先取特権、質権または債務からも解放され、クライアントによって有利に所有されるものとします。

d。 それは、すべての税法および規制、為替管理規制の要件および登録要件を含むがこれらに限定されない、それが対象とするすべての法律に準拠している。

そして

e。 クライアントからPSSに提供される情報は完全で正確であり、いかなる重要な点においても誤解を招くものではありません。

17.2。上記の保証および表明は、お客様との関係の期間中、お客様が将来PSSに指示を出すたびに繰り返されるものとします。

17.3。お客様は、以前に変更があった場合にも、保証または表明または情報の基礎になった場合には、ただちにPSSに通知する義務があります。

18.匿名性および責任の制限

18.1。クライアントは、PSSを補償し、PSSが被った、または関連して発生する可能性のあるすべての損失、税金、費用、費用および負債(現在、将来、偶発的またはその他合理的な法的費用を含む)に対して補償します。と:

a。 クライアントによる本規約への違反

著作権©Sparkasse Rein、Limited。全著作権所有。

b。 PSSが取引または契約を締結する。

または

c。 PSSがデフォルトのイベントで実行する権利を有するステップのいずれかをとるPSS。

PSSの重大な過失または故意の不履行の結果として、かかる損失、税金、費用、費用および負債が被った、または発生した場合に限り、その限りではありません。

18.2。この補償は、お客様との関係の終了後も存続するものとします。

18.3。PSSは以下について責任を負いません。

a。 範囲を超えない限り、本サービスの提供の結果として、またはそれに関連してクラ​​イアントが被った、またはこれに関連して被った損失(必然的およびその他の間接損失を含む)、費用、費用または負債そのような損失は、PSSの重大な過失または故意の不履行の結果として発生または発生したもの。

b。 PSSの過失に起因するかどうかにかかわらず、クライアントが被った、またはその他の間接的な損失。

または

c。 第三者(契約の相手方、または契約に関連してPSSが関与している者を含む)がPSSに対する義務を履行しなかったためにクライアントが被ったまたは被った損失。第三者の不履行の結果として実行することができない範囲で、クライアントに対してその義務を実行する責任を負うものとします。

18.4。クライアントは、市場の推奨事項およびPSSによって伝達される情報が契約の売買の申し出を構成するものではないこと、およびPSSが信頼できると信じる情報源からの情報に基づくがブローカーの意見にのみ基づいており、そのような情報は不完全である可能性があり、未確認かつ検証不可能である可能性があります。

PSSは、そのような勧告またはお客様に提供された情報の正確性または完全性について、表明、保証、保証をせず、また責任を負いません。

19.機密性および情報の開示

19.1。いずれの当事者も、(適用法、規制当局または監督当局、またはその他の開示義務がある、または本規約に基づく義務を適切に果たすことができるようにする他の者によって要求されている場合を除き)。事業、投資、財務、またはその他の当事者の職務の過程で所有するその他の機密性のある事項に関する情報。各当事者はそのような開示を防ぐためにあらゆる合理的な努力を払うものとします。

19.2。本規約に同意することにより、お客様は、事前に通知することなく、適用可能な市場規則を含む、法律、規則または規制当局が要求する可能性があるクライアントに関する情報をPSSに開示することを許可します。

20.修正

20.1。PSSは、電子メールによる通知を含むがこれに限定されない少なくとも30日の通知をクライアントに提供することにより、いつでも本規約を修正する権利を有します。

そのような変更は、通知に指定された日に発効するものとします。

21.終了

21.1。クライアントの関係は終了するまで効力を持ち続けるものとします。

21.2。どちらの当事者も、相手方に書面による通知を行うことにより、直ちにお客様との関係を解除することができます。

クライアント関係の終了時に、どちらの当事者からも違約金が支払われることはありません。

終了しても、発生した権利や義務には影響しません。

21.3。終了時には、PSSとクライアントはそれぞれ、すでに進行中のすべての契約を完了することを約束し、本規約はそのような取引に関して両当事者を拘束するものとします。

PSSは、任意のアカウントのクレジットバランスをクライアントに転送する前に、それに起因するすべての金額を差し引く権利があり、PSSとクライアントの間の契約の一部または全部が終了するまで、かかる転送を延期する権利があります。

さらに、PSSは、お客様の投資を譲渡する際に発生した費用をお客様に支払うよう要求する権利を有します。

21.4。お客様との関係が終了した後はいつでも、PSSはPSSとお客様の間の契約を締結する権利を予告なしに受けることができます。

22.クライアントファンドの安全性

22.1。顧客が入金した資金は、会社の銀行口座から分離され、別の銀行口座に保管されます。

22.2。PSSは自動化されたシステムを使用して顧客の取引を監視し、当初の預金の水準を下回るまで残高が消耗するリスクを減らし、投資の本来の価値を超える損失から顧客を守ります。

23.苦情および紛争

23.1。クライアントがPSSに対して苦情を申し立てた場合、クライアントはPSSの法務部にその苦情を書面で通知する義務を負います。

PSSはその後、苦情を迅速かつ完全に調査する義務を負います。

23.2。本契約に基づくPSSのその他の権利を侵害することなく、クライアントおよびPSSが証拠金取引、証拠金取引に関する証拠金、または証拠金取引に関連する命令について紛争を起こした場合、PSSはその独自の裁量により権利を失います。 PSSが紛争に関与する最大額を制限する目的のためにそのような行動が望ましいと合理的に信じるならば、そのような証拠金取引または申し立てられた証拠金取引を閉鎖するよう注意してください。

PSSは、関連する証拠金取引のレベルにおけるその後の変動に対して、責任を負うものではなく、またそれに関連するクライアントに対するいかなる義務も負うものではありません。

PSSが本第23.3条に基づいて証拠金取引を終了した場合、そのような行動は、そのような証拠金取引がすでにPSSによって終了されているか、またはクライアントによって開始されたことがないというPSSの権利を侵害するものではない

PSSは、PSSがそのような行動を取った後に実行可能な限り早く行動したことをクライアントに通知するために合理的な措置をとるものとします。

PSSが本第23.3条に従って証拠金取引または証拠金取引を終結させる場合、そのような新しい証拠金取引が本規約に従って開設されるという条件で、顧客の新しい証拠金取引を開設する権利を害することなく終了するものとします。

このような新しい証拠金取引に必要な証拠金またはその他の資金を計算する場合、PSSは紛争または命令に関するPSSの見解が正しいことに基づいてそれを行う権利があります。

24.準拠法および裁判管轄の選択

24.1。お客様との関係および本規約は、唯一の排他的な準拠法として、ノルウェーの規制に従って作成されるものとします。

24.2。クライアントとPSSは、オスロ地方裁判所が、クライアントとの関係、本規約、およびクライアントとPSSとの間のありとあらゆる取引に関する独占的裁判管轄権を有するものとすることに同意しました。

ただし、PSSは、クライアントが市民または居住者である管轄区域およびクライアントが資産を所有する管轄区域を含むがこれらに限定されない、適切と判断される管轄裁判所および管轄区域で訴訟を起こす権利を留保します。

24.3。この第24条は、顧客関係の終了後も存続するものとします。

25.雑多な

25.1。本法の規定に基づく条項の残りの条項の合法性、有効性または法的強制力のいずれかが、いかなる法域においても本規約の条項のいずれかが違法、無効または法的強制力を持たない場合他の管轄区域の法律に基づくこのような規定の有効性または法的強制力は、何らかの形で影響を受けるものとします。

25.2。PSSは、合理的な管理を超えた状況から直接的または間接的に発生した本規約に基づく義務の履行の失敗、妨害または遅延について、お客様に責任を負いません。

そのような不可抗力事件には、限定されないが、電気通信の失敗または混乱(例えば、保守の中断による)、宣言または差し迫った戦争、反乱、市民の不安、自然災害、法定規定、当局による措置などが含まれる。 PSSは紛争の当事者であり、PSSの機能の一部のみがそのような事件の影響を受けている場合を含み、ストライキ、ロックアウト、ボイコット、または封鎖を行うこと。

25.3。さらに、PSSは、その合理的な見解において、本規約に基づく義務の履行における失敗、妨害または遅延の原因となる可能性がある緊急または例外的な市況が存在すると判断する権利を有します。

そのような条件には、PSSがその相場に関連するイベントの放棄または終了、あるいは証拠金および/または原市場もしくはPSSの水準における過度の変動の発生を含むがこれらに限定されない。そのような動きの発生の合理的な予想。

そのような場合、PSSはその証拠金要件を引き上げ、クライアントのオープンマージン取引の一部または全部を終了し、および/または本規約の一部または全部の適用を一時停止または修正することができます。 PSSが問題の用語を順守することを不可能または不可能にする限りにおいて、特定の証拠金取引。

25.4。お客様は、お客様の権利を譲渡したり、本規約の下で、またはいかなる契約に従って、お客様の義務を委任することもできません。

PSSは、本規約に基づき、または任意の契約に従って、自らの権利を譲渡し、またはその義務を委任された金融機関に委任することができます。

25.5。さまざまな投資、商品および顧客グループに関して、PSSは追加の事業条件を提供することがあります。

クライアントは以下のことを認識し、理解し、そして受け入れます。

a。 顧客が利用できるようになったそのようなビジネス用語は、用語の追加を構成します。

そして

b。 そのような投資に適用される取引条件がクライアントによって理解され受け入れられない限り、クライアントはいかなるトランザクションも引き受けるべきではありません。

取引を締結し、それによってそのような取引の条件を受諾することにより、クライアントは、条項bにかかわらず、そのような取引の条件を理解し受け入れたと見なされます。上記。

25.6。本規約に含まれる権利および救済は累積的であり、法律によって提供される権利または救済を排除するものではありません。

25.7。法律によって、または本規約に基づいて提供される権利、権限または救済、あるいはその部分的または不完全な行使において、PSSが遅延または省略したこと

a。 そのような権利、権能または救済のさらなるまたはその他の行使を損なうまたは防止すること。

または

b。 そのような権利、権力または救済の放棄として機能する。

25.8。本規約のいずれかの条項に対する違反の放棄は(放棄する当事者による書面による明示的な合意がない限り)、同じ条項に対する将来の違反の放棄として、または特定の違反の継続を承認するものとして解釈されません。

25.9。お客様は、お客様による本規約の承諾前に行われたPSSとのすべての取引を批准し、それに関するお客様の権利および義務は本規約に準拠するものとします。

25.10。団体または他の法人に代わって本規約に同意することにより、署名者は、その団体または法人に代わって行動し、本規約および発生するすべての義務に拘束することを承認されることを表明および保証します。これに。

後の段階で、署名者が団体の法人または法人を拘束することを正式に許可されていないことが明らかになった場合、PSSはこの人物からの補償を求める権利を有するでしょう。

さらに、署名者は、署名者がそのような団体の法的拘束力のある行動を起こし拘束することを認めた結果としてPSSに対して起こされたいかなる請求または訴訟に関連するすべての責任、損失、損害、費用および費用に対してPSSを補償するものとします。エンティティ。

25.11。PSSが随時提供する場合があるため、クライアントはPSSと英語またはその他の言語で通信することができます。

25.12。PSSまたは第三者がクライアントに本規約の翻訳を提供した可能性があります。

オリジナルの英語版がクライアントとPSSの唯一の法的拘束力のあるバージョンとなる。

クライアントが所有するオリジナルの英語版と他の翻訳との間に矛盾がある場合は、PSSが提供するオリジナルの英語版が優先するものとします。

外国為替、CFD、先物およびオプションに関するリスク開示陳述この簡潔な陳述は、外国為替取引、差異契約(CFD)、先物およびオプションのリスクおよびその他の重要な側面のすべてを開示しているわけではありません。

リスクを考慮して、あなたが契約している契約の性質(および契約関係)およびリスクに対するあなたのエクスポージャーの範囲を理解している場合にのみ、あなたはそのような取引を行うべきです。

外国為替、CFD、先物、オプションでの取引は、多くの一般の人々には適していません。

あなたの経験、目的、財源、その他の関連する状況を考慮して、取引があなたに適しているかどうかを慎重に検討するべきです。

外国為替、CFDおよび将来

1.「レバレッジ」または「ギアリング」の影響外国為替、CFDおよび先物取引には、高度なリスクが伴います。

取引が「レバレッジ」または「連動」されるように、当初証拠金の額は外国為替、CFDまたは先物契約の価値に比べて小さい。

比較的小さな市場の動きは、あなたが入金したか、または入金しなければならない資金に比例してより大きな影響を与えます。

これはあなたにとってもあなたにとってもうまくいくかもしれません。

あなたはあなたのポジションまたはマージンレベルを維持するために初期マージンファンドと会社に預けられた追加のファンドの全損失を維持するかもしれません、そしてあなたはあなたのポジションを維持するために短い通知で相当な追加のファンドを支払うように求められるかもしれません。

あなたが規定された時間内に追加の資金の要求に従わなかった場合、あなたの立場は損失で清算されるかもしれず、あなたは結果として生じる赤字に対して責任を負うでしょう。

2.リスクを軽減する注文または戦略損失を一定の金額に制限することを意図した特定の注文(例えば、現地法で認められている場合は「ストップロス」注文、または「ストップリミット」注文)を出すことはできません。市況がそのような注文を執行することを不可能にするので、効果的である。

「スプレッド」ポジションや「ストラドル」ポジションなどのポジションの組み合わせを使用した戦略は、単純な「ロング」または「ショート」ポジションを取るのと同じくらい危険です。

オプション

3.変動するリスクの程度オプションの取引には高いリスクが伴います。

オプションの購入者および販売者は、彼らが取引を検討するオプションの種類(プットまたはコール)とそれに関連するリスクに精通しているべきです。

プレミアムとすべての取引費用を考慮して、自分のポジションが収益を上げるためにオプションの価値がどの程度増加する必要があるかを計算する必要があります。

オプションの購入者は、オプションを相殺または行使したり、オプションの有効期限を切ったりすることができます。

オプションの行使は、現金決済か、または購入者が原資産を取得または引き渡すかのいずれかになります。

オプションが将来のものである場合、購入者はマージンのために関連する負債と共に先物ポジションを取得する(上記の外国為替、CFDおよび先物に関するセクションを参照)。

購入したオプションの価値が失効した場合、あなたは投資の全損失を被ることになります。これはオプションプレミアムと取引費用から成ります。

もしあなたがディープアウトオブザマネーオプションの購入を検討しているのであれば、それらのオプションが利益を上げる可能性は通常遠いです。

オプションを売る(「書く」または「与える」)ことは一般に、オプションを購入するよりもかなり大きなリスクを伴います。

売り手が受け取る保険料は固定されていますが、売り手はその金額をはるかに超えて損失を被る可能性があります。

市場が不利に動いた場合、売り手はポジションを維持するための追加のマージンについて責任を負います。

売り手は、購入者がオプションを行使するリスクにもさらされ、売り手はオプションを現金で決済するか、または基礎となる利子を取得または引き渡すかのいずれかを行う義務があります。

オプションが将来のものである場合、証拠金に関連する負債があります(上記の外国為替、CFDおよび先物に関するセクションを参照してください)。

オプションが原資産の利息または将来または他のオプションの対応するポジションを保有する売り手によって「カバー」されている場合、リスクは軽減される可能性があります。

選択肢がカバーされていない場合、損失のリスクは無制限になる可能性があります。

管轄区域によっては、特定の取引所でオプションプレミアムの支払いを遅らせることができ、購入者はプレミアムの額を超えない範囲でマージン支払いの責任を負うことになります。

購入者は、依然として保険料と取引費用を失うリスクがあります。

オプションが行使されるか期限が切れると、購入者はその時点で未払いの未払いのプレミアムに対して責任があります。

追加の共通リスク

4.契約の契約条件あなたは、あなたが取引している特定の先物またはオプションの契約条件および関連する義務(例えば、あなたが配達を行うまたは引き受ける義務を負う可能性のある状況)について、あなたが取引する会社に尋ねるべきです。先物契約の潜在的な利息、そしてオプションに関しては、満了日および行使期間の制限について)。

特定の状況下では、未決済契約の仕様(オプションの行使価格を含む)は、原資産の金利の変化を反映するように取引所または決済機関によって変更されることがあります。

5.取引と価格の関係の一時停止または制限市場の状況(流動性がないなど)および/または特定の市場の規則の運用(例えば、価格の制限ま​​たは「回路遮断器」による任意の契約月の取引の一時停止)取引の遂行またはポジションの清算/相殺を困難または不可能にすることによって、損失のリスクを高める。

あなたがオプションを売却した場合、これは損失のリスクを高める可能性があります。

さらに、原資産の金利と将来の間、および原資産の金利とオプションの間の通常の価格設定関係は存在しない可能性があります。

これは、オプションが適用されていない場合に、オプションの基になる先物契約が価格制限の対象となる場合などに発生します。

基礎となる参照価格がないため、「公正な」価値を判断することは困難です。

6.預けられた現金と財産あなたは、特にしっかりした破産または破産の場合には、国内および外国の取引のために預けている保護されたお金またはその他の財産についてよく知っておくべきです。

あなたがあなたのお金または財産を取り戻すことができる範囲は特定の法律または地方の規則によって支配されるかもしれません。

いくつかの管轄区域では、あなた自身のものとして明確に識別可能であった財産は、不足の場合に分配の目的のために現金と同じ方法で格付けされます。

7.手数料およびその他の手数料あなたが取引を始める前に、あなたはあなたが責任を負うであろうすべての手数料、手数料およびその他の手数料について明確な説明を得るべきです。

これらの費用はあなたの純利益(もしあれば)に影響を与えるか、あなたの損失を増やすでしょう。

8.他の管轄区域における取引他の管轄区域の市場における取引(正式に国内市場に関連する市場を含む)は、あなたを追加のリスクにさらす可能性があります。

そのような市場は規制の対象となる可能性があり、それは異なるまたは減少した投資家保護を提供する可能性があります。

あなたの地域の規制当局は、あなたの取引が影響を受けた他の管轄区域の規制当局または市場の規則の執行を強要することはできません。

9.通貨リスク外貨建て契約における取引の損益(それらがあなた自身または他の管轄で取引されているかどうかにかかわらず)は、他の通貨に対する契約の通貨額の変動の影響を受ける。

10.取引施設ほとんどの非課税および電子取引施設は、注文のルーティング、執行、マッチング、登録、または取引の清算のためのコンピュータベースのコンポーネントシステムによってサポートされています。

すべての施設やシステムと同様に、それらは一時的な中断や失敗に対して脆弱です。

特定の損失を回収する能力は、システムプロバイダー、市場、決済機関および/またはメンバーファームによって課される責任に対する制限を受けることがあります。

そのような制限は変わるかもしれません:

この点に関しては、取引先の会社に詳細を尋ねる必要があります。

11.電子取引電子取引システムでの取引は、一般市場での取引とは異なるだけでなく、他の電子取引システムでの取引とも異なる場合があります。

あなたはハードウェアとソフトウェアの故障を含むシステムに関連するリスクにさらされるでしょう。

システム障害の結果として、ご注文がお客様の指示に従って実行されなかったか、まったく実行されなかった可能性があります。

12.外為取引一部の法域では、そして限られた状況下でのみ、企業は外為取引を行うことが認められています。

あなたが取引をしている会社があなたの取引相手になっているかもしれません。

既存のポジションを清算し、価値を評価し、公正な価格を決定し、あるいはリスクへのエクスポージャーを評価することは困難または不可能であるかもしれません。

これらの理由から、これらの取引はリスクを増大させる可能性があります。

取引所外取引は規制が緩和されているか、別の規制制度の対象となる可能性があります。

あなたがそのような取引を行う前に、あなたは適切な規則と付随するリスクに精通しているべきです。